アクアプラスのCEOに野田稔氏が就任。海外での事業展開も視野に

 アクアプラスは、2022年2月1日付で新たにCEOとして野田稔氏が就任したことを発表した。

 同社はこれまで、代表取締役の下川直哉氏が既存のゲーム開発・プロデュース事業に加え、新規事業の創出や会社全体の経営も管轄してきた。

 今後は事業強化と組織の成長を加速させることを目的に、中核事業であるゲーム開発やプロダクトに下川氏が専念できる環境を整えるため、経営メンバーとして野田氏をCEOに迎える。

 また、同氏がエンターブレインやKADOKAWAなどで培った知見を活用し、海外での事業展開も視野に踏まえ、さらなる組織の成長と事業拡大を推進するとのこと。
 

    

野田稔氏 プロフィール

【経歴】
1988年 株式会社アスキー入社
      ログイン編集部・ファミコン通信(現・週刊ファミ通)配属
2001年 エンターブレイン 常務取締役就任
      ファミ通を中心としたメディア・コンテンツ・MD等事業責任者
2009年 株式会社リンク 代表取締役
2010年 角川コンテンツゲート ゲーム事業統括事業部長
      エンターブレイン ゲーム事業責任者兼務
2012年 株式会社アプリカ 社外取締役
2020年 株式会社afterFIT EnegyShif 編集部マネージャー
2020年 株式会社スナッグルアップ設立 代表取締役
2021年 株式会社アクアプラス 社外取締役就任

        

コメント

アクアプラス3.0へ
ヒットゲームメーカーを語るうえで欠かせない要素のひとつが、IPへの、ファンの皆様からの熱い支持だと思っております。

弊社はクリエイティブのトップである下川COOが、彼とともに歩んだ優秀なスタッフ=クリエイターとまさにファンの方々に寄り添いながら、長年ヒットコンテンツを供給し続けてまいりました。

私自身も過去の経歴においてさまざまなエンタメコンテンツに関わりながら人生を歩んできましたが、そんな私のこのアクアプラスという会社の第一印象は、いままで関わらせていただいた数々の会社やプロジェクトにもまして熱いストーリーメーカーを有している、日本でも最高峰のパブリッシャーであると認識している次第です。

アクアプラスと同社のかかえるオリジナルのIP群を、あらためて日本のみならず、世界において拡大戦略を取っていくことが、今後の大きな事業戦略の柱となっております。

旧IPの再活用だけでなく、新しいIP開発、コンテンツの配給事業形態、変化するプラットフォームも視野にいれ、よりファンとともに歩めるアクアプラスとしてマーケットでのシェアを着実に広げていき、私たちは柔軟さをもって、アクアプラス3.0を提唱いたしたいと思います。                                                                                                                     

CEO 野田稔

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES