堀井雄二氏が世界最大級のゲーム開発者会議「GDC」にて生涯功労賞を受賞。長年にわたるゲーム開発への貢献が評価

 2022年3月21日から25日に実施される世界最大級のゲーム開発者会議「Game Developers Conference 2022」(GDC 2022)において、ゲームクリエイターの堀井雄二氏が生涯功労賞(Lifetime Achievement Award)を受賞した。授賞式は、3月23日のGDC 2022にて、Independent Games Festival Awardsと併催される予定。

 堀井氏が開発を手掛けた「ドラゴンクエスト」シリーズは、累計販売本数は7,600万本を超える国民的RPG。2022年夏には『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン』が発売。また、発売時期は未定ながらも、ナンバリング最新作である『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』のリリースも決定している。

 生涯功労賞の選考理由として、GDCは「1986年に発売された「ドラゴンクエスト」以来、RPGのデザインに影響を与え、インスピレーションを与えてきた「ドラゴンクエスト」シリーズのクリエイターとして、画期的な業績である」としている。

 生涯功労賞の受賞の報を受け、堀井氏は自身のTwitterで「感無量」だと喜びのコメントをつづっていた。

 GDC 2022は、サンフランシスコにて3月21日から25日の実施を予定。当日の模様は、オンラインでも視聴可能となる予定だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES