スピードランを通じたチャリティイベント「RTA in Japan Winter 2021」の寄付額は約1,408万円に

 RTA in Japanは2月28日、2021年12月26日~ 31日の間で開催した「RTA in Japan Winter 2021」で得られたTwitch収益及びスポンサーシップについて、税金を引いた額を『国境なき医師団』に寄付したことを報告した。

 報告によると、前回(RTA in Japan Summer 2021)の寄付額12,550,151円を超える14,079,851円の寄付を行ったことが明らかにされている。

 「RTA in Japan」は日本最大のリアルタイムアタック(Real Time Attack)イベントで、毎年、夏と冬に開催。RTAプレイヤーが一同に介し、それぞれの持ちゲームを代わる代わるRTAとしてプレイする。RTAは海外ではSpeedrunという呼び方でも親しまれ、世界各国で楽しまれているゲームの遊び方となっている。

 同イベントはRTAの発展と促進を図る目的のほか、チャリティーイベントとしての側面を持つ。

▲Youtubeチャンネルに動画も投稿されており、最も人気のもので230万回再生を超える(上記のどうがは2019年投稿)。

 「RTA in Japan Winter 2021」では、目隠しをした状態で『スーパーマリオ64』のRTAを行う衝撃的なチャレンジなどを含めた94タイトルが放送された。

 

 寄付について、領収書およびシステムを通して視聴者のから直接寄付された寄付金の受領証は以下の通り。

「RTA in Japan Winter 2021に関する寄付のご報告」より(※一部個人情報が映っている箇所に加工あり)
「RTA in Japan Winter 2021に関する寄付のご報告」より(※一部個人情報が映っている箇所に加工あり)

 そして、「RTA in Japan Winter 2021」全体を通した寄附金額の内訳は以下の通り。

項目金額課税額概算(30%)寄付額
直接寄付¥6,716,841¥6,716,841
12月Twitch収益¥7,318,586¥2,195,576¥5,123,010
スポンサーシップ¥3,200,000¥960,000¥2,240,000
合計¥14,079,851

 寄付に際して、RTA in Japanは以下のようにコメント。

一時は落ち着きを見せていた新型コロナウイルス感染症ですが、世界的に再び蔓延しつつある現状です。安心してゲームイベントを開催できるようになるまでは、引き続き新型コロナウイルス対策のために活動している団体への寄付を行いたいと考えております。今後ともRTA in Japanをどうぞよろしくお願いいたします。

 RTA in Japanは直近で、出張RTAイベント「RTA in Japan ex #1」を2月19日~20日の期間で開催。『メトロイド ドレッド』や『スーパーマリオ64』など人気タイトルに加え、スマホ向けアプリの『Fate/Grand Order』など異色のRTAも行われた。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES