『サイバーパンク2077』が第25回「文化庁メディア芸術祭」エンタメ部門 優秀賞を受賞

 文化庁メディア芸術祭は、第25回となる「文化庁メディア芸術祭」のエンターテインメント部門の受賞作品を発表。CD Projektが2020年12月にリリースしたオープンワールドアクションRPG『サイバーパンク2077』が優秀賞を受賞した。

 贈賞理由について、文化庁メディア芸術祭の公式サイトでは、『ファイナルファンタジーIV』や『クロノトリガー』といった作品で知られるゲームクリエイター・時田貴司氏によるコメントが掲載。

 「どの時代にも存在する人間の本能、欲求、それによる格差、差別。それらを真正面から捉えた本作は、プレイする我々に、まさに今の命を考えさせる」と、VR、ARを含めた身体拡張が一般的となった現在における、『サイバーパンク2077』が持つテーマの重要性について述べている。

 『サイバーパンク2077』は2020年12月のリリース当初はバグやクラッシュが相次ぎ、PS Storeでの販売が一時期休止になるなど、ネガティブな話題で持ちきりとなっていた。現在は複数回にわたるアップデートにより、問題は改善の方向に。本作を再評価する声も多くなってきている。

 ちなみに、文化庁メディア芸術祭のエンターテイメント部門において、過去には『人喰いの大鷲トリコ』が第21回大賞を、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』と『Pokemon GO』がそれぞれ23回優秀賞、20回優秀賞を受賞している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES