「FF」シリーズなどで知られるクリエイター天野喜孝氏の作品を3D化したVRミュージアムプロジェクトが始動

 講談社は3月14日、同社が運営する「KickstarterNavi」を更新し、「天野喜孝 VRミュージアム」プロジェクトが始動したことを発表した。パートナーシップ企業であるKickstarterでプロジェクトの支援を受け付けている。

 発表によると、プロジェクトは「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザインなどで知られる天野喜孝氏の作品を3D化したVRミュージアムを制作するというもの。

▲天野喜孝氏

 天野喜孝氏自らが美術館の構造、内装、照明をはじめ、作品のディテールやビジュアルに至るまで、プロジェクト全体を通して積極的に関与しているという。

 また、XR(クロス・リアリティ)技術を専門とする4Cast(日本)・NPG(香港)・BOMDING(台湾)といったアジア中心のIT先鋭チームがプロジェクトに参画。

 7つの会場に100点を超える作品を集めた過去最大規模の天野喜孝展となり、それらすべてがスマートフォンやPC、VRヘッドセットから鑑賞できるようになるとのこと。

 なお、Kickstarterでの支援額は14日時点ですでに目標額を達成している。リワードにはミュージアム鑑賞券+デジタルアートブックといったものから天野喜孝氏に直接会える返礼まで用意。支援は3月31日まで受け付けている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES