サイバーエージェントがブロックチェーンゲーム事業子会社「CA GameFi」設立 世界に向けたNFTゲームの企画・開発に注力

 サイバーエージェントは、ブロックチェーンゲーム事業子会社「CA GameFi」を設立したことを発表した。

 CA GameFiでは、これまでに培ってきた大規模ゲームの開発・運用ノウハウとクリエイティブ力を強みに、アジアやアメリカなど世界に向けて、ブロックチェーンゲームに最適化されたオリジナルタイトルや他社IPゲームの企画・開発を行っていくとしている。

 GameFiとはGameとFinanceを掛け合わせた造語で、ブロックチェーンにNFT(ノンファンジブル・トークン)と暗号資産を組み込んだゲームサービスのこと。『Axie Infinity』など、ゲーム中で仮想通貨を獲得できる作品が人気を見せており、遊びながらお金を稼ぐ「Play to earn」という言葉が生まれているほどだ。

 サイバーエージェントは、そんなGameFiの世界的な注目の高まりがブロックチェーンゲーム事業子会社を設立した背景にあるとし、今後は日本発のヒットゲームの創出を目指していくとしている。

 2018年から「ブロックチェーンスタジオ」を設立するなど、ブロックチェーン分野のサービスの研究・開発を続けてきたサイバーエージェント。2021年11月には、子会社のCyberZとOENがNFT活用事業の総合プロデュースを開始。

 2022年2月には、バーチャル店舗開発に特化した事業会社である「CyberMetaverse Productions」を設立させている。GameFi分野において、サイバーエージェントは今後大きな役割を担う存在となりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES