バンダイ、世界初の立体映像搭載ガシャポン自販機の設置を開始 製作費1億超えの要注目マシン

 バンダイ ベンダー事業部は、世界初となる立体映像を搭載したガシャポン自販機「GASHAPON ODYSSEY(ガシャポンオデッセイ)」を開発した。2022年3月28日から2023年2月28日までの期間限定で、「ガシャポンのデパート」の2店舗(池袋総本店、キャナルシティ博多店)に、1台ずつ設置する予定としている。

 「GASHAPON ODYSSEY」は、高さ2.1メートル、幅2メートル、奥行き2.3メートルの巨大なガシャポン自販機。バンダイの「ガシャポン発売45周年プロジェクト」の一環として、ピラミッドフィルムクアドラ社と共同開発が行われており、プロジェクト全体として1億円以上の製作費がかかっているという。

 135枚LEDパネルによって構成された、面積約3.9平方メートルの大型LEDディスプレイに映し出される映像と、かじを切るように回すハンドル操作の連動が体感できるように設計がされているとのこと。

 投入口にコインを入れると、映像画面に奥行きのある近未来的な研究室が映し出され、付属の大型ハンドルを回すことで画面の中にキャラクターが誕生。その後、映像のキャラクターがカプセルに入った状態で、商品搬出口から出てくるといった仕組みだ。

 従来のガシャポンでは、カプセルを実際に開けてみるまでは中身分からない、期待感が楽しみのひとつではあった。「GASHAPON ODYSSEY」では、ハンドルを回すことでガシャポンの中身が立体映像に映し出されることから、ソーシャルゲームのガチャのような演出に近いのだろう。

 ただし、映像のキャラクターが立体フィギュアとなり、手元に搬出されるというのは、これまでのガシャポンやガチャと一味違った「GASHAPON ODYSSEY」ならではの体験になっていると言える。立体映像では自販機の中でキャラクターが誕生していく様子が映し出されるなど、フィギュアをゲットする過程もしっかりとエンターテインメント化がされているようだ。

 「GASHAPON ODYSSEY」オリジナル商品となる『MATERIALS of the EARTH(マテリアルズ・オブ・ジ・アース)』は、4月28日(木)から発売を予定。キャラクターデザイナーの吉井宏氏がデザインを手がけており、価格は1回1000円となっている。

 

「GASHAPON ODYSSEY」詳細

 

『MATERIALS of the EARTH』詳細

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES