『Dead by Daylight』累計プレイヤー数が5,000万人を突破 直近では「リング」コラボを実施

 Behaviour Interactiveは3月29日、マルチプラットフォームで展開する『Dead by Daylight』の累計プレイヤー数が5,000万人を突破したことを発表した。

 『Dead by Daylight』は1人の「生存者をひとり残らず処刑するキラー(殺人鬼)」と、最大4人の「脱出を目指すサバイバー(生存者)」に分かれて対戦する非対称型対戦ホラーゲーム。PC版での初リリースから6年目の長期運用タイトルとなる。

 今年3月には日本の有名ホラー作品「リング」とのコラボレーションも実施し、新キラーとして「貞子(怨霊)」、新サバイバーとして原作から成長した姿の「浅川陽一」が登場する新チャプタ―が追加されていた。

 また、現在はモバイル版である『Dead by Daylight Mobile – NetEase』の事前登録も受付中。日本でのリリースは4月28日を予定している。

【関連記事】
4vs1非対称対戦サバイバルホラーゲーム『Dead by Daylight Mobile – NetEase』の事前登録がスタート

 これまで、『Dead by Daylight』のプレイヤー数について公式発表は少なかったが、モバイル版の初報が公開された2019年に、全世界プレイヤー数1200万人を記録していることが明かされていた。単純に考えれば、2019年以降の方がプレイヤー数の伸びが良くなっていると言える。

▲画像はYoutube「DEAD BY DAYLIGHT MOBILE : 2019年末リリース予定」より

 同作はこれまで継続的なコンテンツ追加をおこなっており、前述の「リング」に加えて「SAW」や「エルム街の悪夢」といった映画から、『サイレントヒル』や『バイオハザード3』などのゲームまで、有名ホラー作品とのコラボを多数行ってきた。今後のコラボ施策、およびモバイル版の配信地域拡大によって、IP全体の人気がさらに加速するか注目だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES