Riot Gamesが『LoL』等のイベント公式写真のギャラリーを公開 撮影パートナーも拡張し良質な写真を通して大会の行方を伝える

 Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズは、2020年7月よりLoL Esportsの公式写真配給のパートナーとしてゲッティイメージズと契約を結んでいたが、今後も国際eスポーツイベントから上質なコンテンツを提供していくべく、ゲッティイメージズとのパートナーシップを拡張することを明らかにした。

 これまでライアットゲームズは、eスポーツにおいて様々な歴史を生み出してきた。2011年に初となる「League of Legends World Championship(Worlds)」が開催されて以来、12年近い月日が流れている。

 何年にもわたり、写真を通して大会のゆくえを追い続けてきた。下に掲載されているのは、シーズン1からの「World Championship Finals」の様子を写したもの。

ライアットゲームズはここ2年間で、VALORANTとワイルドリフトをRiot Games Esportsとして迎え、その規模を拡大してきました。

 同社は、今後も国際eスポーツイベントから上質なコンテンツを提供していくべく、ゲッティイメージズとのパートナーシップを拡張し「VALORANT Champions Tour(VCT)」そしてWild Rift Esportsの公式写真配給のパートナーを担当していくという。

 また、きちんと目標を目指していけるよう、今回のパートナシップ拡張に合わせて、新たな写真ギャラリー「Getty Imagesメディアマネージャー」が導入される。

 このギャラリーはファンだけでなく、報道関係者やコンテンツクリエイターも利用でき、編集目的での閲覧、ダウンロード、画像のシェアを無料で行える(下記ボタンから閲覧可能)。

 なお、2022年のGetty Imagesによるメディアマネージャーのギャラリーにて公開予定のイベントは以下の通り。

●       LoL Esports:Mid-Season Invitational、World Championship
●       VALORANT Champions Tour:VCT Masters、VALORANT Champions、VCT Game Changers
●       Wild Rift Esports:Wild Rift Global Icons

 その他、国際イベントの新たな写真の公開も予定している。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES