バンダイナムコHD、2種類のブランドムービーを公開 グループの最上位概念「パーパス」と新ロゴマークの認知拡大を目指す

 バンダイナムコホールディングスは4月4日、同月より導入した「パーパス」と新ロゴマークに関して2種類のブランドムービーを公開した。映像はコーポレートサイトから閲覧が可能となっている。

 加えて、ムービー本編のアニメーションにも参加した漫画家・イラストレーターの江口寿史氏が新たにイラストを描き下ろしたポスターも公開。

 同社におけるパーパスは2022年4月からグループの最上位概念として導入され、「社会における存在意義」や「なぜその事業や企業活動を行うのか」「私たちがバンダイナムコで働く意味」を表す。制定にあたっては、社外企業イメージ調査、全社員へのアンケート調査、各地域の社員ディスカッションからあがった要素をもとに議論を重ねて決定したという。

 あわせて、融合(フュージョン)をテーマとした以前のロゴマークから、「パーパス」にこめた思いを踏まえた新ロゴマークへ変更。社名にバンダイナムコを冠する会社のロゴマークは今後すべて、この吹き出しモチーフのマークを使用する。

▲新ロゴマーク

 そして、公開されたブランドムービーは以下の2種。今後は社内外の様々な場でブランドムービーの活用を行い、パーパスの訴求と新しいブランドの認知を拡大していく方針。

Dance and Music Ver. 
少年と少女が新ロゴマークの「吹き出し」の形(FUKIDASHI フレーム)から様々な世界に飛び込み、様々な人々や生き物、実物大のガンダムなどと触れ合いつながっていきます。バンダイナムコグループのエンターテインメント(Fun)が提供する「夢・遊び・感動」やワクワク感、人と人のつながりを印象的な音楽をバックに、実写の人物とアニメーションや CG との融合、音楽にあわせ様々な人々が登場するダンスシーン、実物大のガンダムが存在感たっぷりに街を歩くシーンなどにより、バンダイナムコらしい夢あふれる世界観として表現しています。
Products and Services Ver.
全編アニメーションで、新ロゴマークの「吹き出し」の形(FUKIDASHI フレーム)に象徴されたバンダイナムコの様々な商品・サービスが「パーパス」のステートメントに沿って幅広いファンとつながっていくシーンを通して、「パーパス」が示す「夢・遊び・感動」の広がりと深み、バンダイナムコが目指す姿を表現しています。次々とシーンが切り替わるシームレスに構成された映像、デフォルメした絵の動きや人々の生き生きした表情により、ワクワクする世界が広がります。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

急成長のNextNinjaが全職種積極採用! 代表・山岸氏が本気で求める人材像とは

[AD]飛躍の時を迎えつつあるNextNinjaは今、全力で新たなチャレンジャーを探している。「全職種積極採用」を掲げる組織戦略と、求める人材像とはいかなるものなのか。代表の山岸氏に直接話を聞いた。

Related Articles

リニューアル及び新サイト移行作業につき更新一時停止中

具体的な日時は調整中ですが、リニューアル及び新サイト移行作業が完了した際には、PickUPs!上でもお知らせ致します。またメールマガジンにご登録していただいた方には優先して告知致します。

Stay Connected

TOP STORIES