名古屋エリアに東京以外で初となるアミューズメント施設「GiGO」4店舗誕生 

 GENDA GiGO Entertainmentは4月7日、名古屋エリアにおいて、新たに4店舗が「GiGO」ブランドに変更することを発表した。東京以外での新生「GiGO」の誕生は初。

 同社は2022年1月28日、セガから自社株式14.9%を取得し持株比率100%(議決権ベース)となり、旧社名「GENDA SEGA Entertainment」から現在の社名へと変更。あわせて、「SEGA」ブランドで運営している全国のゲームセンターの店舗名を「GiGO」(Get into the Gaming Oasis=ゲームのオアシスに飛び込め!)に変更していくことを決定していた。

 今回「GiGO」に変更するのは、名古屋の中心地である上小田井、ささしま、金山。特に愛知県最大級のショッピングモールで現在改装中の「mozoワンダーシティ」内、『GiGO mozoワンダーシティ(現 セガ mozoワンダーシティ上小田井)』は、ショッピングセンター型店舗として初の「GiGO」への変更となる。変更は4月15日予定。

 2022年3月9日『GiGO 池袋1号館』からスタートした新生GiGOは、現在、秋葉原に4店舗、高田馬場と新宿歌舞伎町に各1店舗、計7店舗を展開している。今後、約1年半をかけてアミューズメント施設の店舗ブランドを全て「GiGO(ギーゴ)」に一新する。

【関連記事】
3月9日から「セガ池袋」が「GiGO 池袋1号館」に名称変更

 今後のスケジュールは以下の通り。

2022年4月15日
・『GiGO mozoワンダーシティ』(現 セガ mozoワンダーシティ上小田井)
・『GiGO mozoワンダーシティシネマ棟』(現 セガ mozoワンダーシティ上小田井シネマ棟)

2022年5月10日
・『GiGO マーケットスクエアささしま』 (現 セガ マーケットスクエアささしま)

2022年5月13日
・『GiGO 金山』(現 セガ金山)

 なお、各店舗のオープン日以降、各店のTwittterアカウントをフォローしてスタッフに見せると数量限定で「GiGOステッカー」がもらえるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES