ボードゲーム販売店「Role&Roll Station秋葉原店」が5月29日に閉店 17年の歴史に幕

 アークライトは、TRPGとボードゲームの専門店「Role&Roll Station」(ロール&ロールステーション)秋葉原店が、2022年5月29日(日)をもって閉店することを発表した。公式Twitterでは5月29日以降の予約商品の引き取りができないこと、ポイントの使用ができなくなることについて注意喚起を行っている。

 ロール&ロールステーションは、アナログゲームの企画・製造販売を行うアークライトが2005年から展開するボードゲーム専門店。同店舗は2020年11月に東京都千代田区外神田に移転オープンしたばかり。リニューアル後、約半年で閉店が決まったことになる。

 店舗内はアナログゲームやTRPGの販売スペースのほか、ボードゲームやTCGが有料で遊べるプレイルームも完備。不定期で様々なボードゲームやTRPGが遊べるイベント会も開催されていた。ロール&ロールステーションは横浜店が2014年に閉店通販店も2020年6月に閉店している。

 一方で、同じくアークライトが展開するTCGショップ「ホビーステーション」は、2022年4月22日に横浜店を新規オープンを予定しているなど好調だ。「ホビーステーションONLINE STORE」では、TCGをはじめ、ボードゲームのオンライン販売も行われている。

 アークライトは今後、ホビーステーション、ボードゲームステーションでの販売に注力していくようだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES