任天堂、本社隣接市有地を取得 研究開発の強化を目的に12階建ての第二開発棟を建設

 任天堂は、京都市が2021年12月8日に公募型プロポーザルにより募集していた市有地(元創業支援工場および元資器材・防災センター西側用地)の有効活用事業者に選定され、同市有地を取得することを発表した。

 同市有地は本社に隣接しており、研究開発の強化を目的に第二開発棟の建設を予定している(2027年12月竣工<完成>予定)。任天堂は「従来の研究開発投資・設備投資に加えて、今回、取得・活用する敷地についても、研究開発の強化を行う上で、重要な役割を持つと位置づけている」とコメント。

 

1. 取得する市有地の概要

所在地:京都市南区上鳥羽鉾立町11番2外5筆
敷地面積:計10,028.55㎡
(元創業支援工場:3,110.91㎡、元資器材・防災センター西側用地:6,917.64㎡)

 

2. 入札額

5,000,000,000円

 

3. 敷地の活用計画

施設名:任天堂 本社第二開発棟(仮称)
施設の目的:研究開発機能の強化
延床面積:約38,000㎡
構造・高さ:鉄骨造12階、約72m
竣工:2027年12月予定

「任天堂 本社第二開発棟(仮称)」完成イメージ図

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES