CRIWARE製品がUnreal Engine 5に対応 サウンド・映像技術でコンテンツ制作をサポート

 CRI・ミドルウェアは4月26日、Epic Gamesが提供するリアルタイム3D制作ツール「Unreal Engine 5」(UE5)に対応した CRIWARE(シーアールアイウェア)の提供を開始したことを発表した。

 UE5は今年4月6日に正式サービスが開始されたばかりのリアルタイム3Dコンテンツ制作ツール(関連記事)。活用領域は最新ゲーム機向けのタイトル開発をはじめ、映像制作、建築や自動車設計、メタバース空間の構築などに採用されている。

 そこでCRI・ミドルウェアは、幅広い分野で活用されているUE5に同社製品のCRIWAREを対応させ、最新情報を動画で視聴するための映像配信アプリやゲームアプリに最適な技術を提供。同社の持つあらゆるハードウェアへの最適化技術、およびサウンド・映像の開発技術により、さらに没入感のあるコンテンツ制作が可能になるという。

 CRIWAREの製品といえば、ゲーム開発で要求される多様なサウンド演出を手軽に実現する統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX」や、高圧縮・高画質を両立しカットイン演出に適した動画再生も可能なムービーミドルウェア「CRI Sofdec」などが挙げられる。

 これまで、同社の主要製品はUnity、Unreal Engine 4、Cocos2d-xといったゲームエンジンに対応しており、新しくリリースされたUE5にも対応が決定した形。

▲画像はプロダクトページ「CRI ADX」より

 UE5でのコンテンツ制作で期待される3Dコンテンツのビジュアル表現向上に合わせて、「CRI ADX」のサポート機能のひとつであるインタラクティブサウンド(通常BGMから戦闘BGMへの自然な変化といったゲームと連動した演出)など、サウンド表現も様々な手法を取ることで、ユーザの体験を向上させることが可能になる。

 また今後、UE5固有の機能とも連携しやすくするアップデートも予定しているとのこと。UE5ではメタバース制作にフォーカスした新機能なども搭載されており、両製品を活用することでゲーム開発だけでなくあらゆる分野での効率化が期待できる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES