アーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆Ⅱ』正規料金が500円から300円に変更 新規・休眠ユーザーの獲得が狙いか

 コックピット型チーム戦術バトル『機動戦士ガンダム 戦場の絆Ⅱ』の公式Twitterが、5月23日に正規プレイ料金の変更を発表した。

 料金が変更されるのは「2戦 + 戦闘報酬1個 + MS開発」が含まれるスタンダードコースで、500円から300円への値下げ。2022年4月26日から5月23日まで行われていたキャンペーンが、そのまま正規料金なる形だ。

 『機動戦士ガンダム 戦場の絆Ⅱ』ではこれまで、トライアルコース(300円)、スタンダードコー(500円)、プレミアムコース(1,000円)の3コースが提供されていたが、プレイ料金の変更に伴い、スタンダードコース以外の提供を停止。

 スタンダードコース以外のコースについては後日案内が行われるとのことだが、料金の変更が行われるのか、あるいは料金以外の調整が行われるのかは不明だ。

 2021年7月に稼働した『機動戦士ガンダム 戦場の絆Ⅱ』は、コックピット型のチーム戦術バトルが楽しめるアーケードゲームだ。高性能3画面モニターを搭載した筐体でモビルスーツを操縦する。稼働から1年経たず値下げとなった背景には、ユーザー数の減少が影響しているのだろう。

 本作は稼働前から動作の不安定さなどが指摘されていただけでなく、前作で生み出されたテクニックが使用できなくなったシステムの調整・変更や、稼働初期から前作を経験する上級者と初心者がマッチングしてしまうようなケースなど、さまざまな問題点を抱えていた。

 マッチングが困難となるような根本的な問題を改善すべく、4月には先の値下げキャンペーン以外にも、無料でプレイできるフリープレイキャンペーンを実施。今回の正規料金の変更もそうした背景のなか、既存ユーザーの継続率だけでなく、休眠ユーザーの復帰や新規ユーザーの獲得を期待して行われたものだろう。

 正規料金の値下げについて、発表ツイートの引用リツイートでは多数の店舗からお得に遊べるというアピールが行われているほか、ユーザーも値下げ自体には概ね好意的な印象。

 一方で、マッチングやゲームシステムなどの不満を露わにするユーザーも多く、『機動戦士ガンダム 戦場の絆Ⅱ』が再評価されるのには、もうしばらくの時間がかかりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
プラットフォーム問わず、FPSやRPGなど多種多様なジャンルをプレイする雑食ゲーマー。人生を変えたゲームの魅力を伝えるため、WEBメディアを中心に活動中。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES