『Ghost of Tsushima』映画化決定

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation.BlogにてPS4用ソフト『Ghost of Tsushima』の映画化が決定し、制作が進行していることを発表した。

 監督を務めるのは映画「ジョン・ウィック」シリーズを手掛けたチャド・スタエルスキ氏。ブログ内にて、原作のクリエイティブディレクターであるネイト・フォックス氏は、「彼の長年の経験に裏打ちされた作品へのビジョンを活かし、これまでにない最高のアクション作品を生み出してくれることでしょう。仁のレーザー級の刀裁きを実写化できる人がいるとすれば、それはチャド・スタエルスキ氏しかいないと思っています。」とコメントしている。

 また、映画化と併せて『Ghost of Tsushima』の累計実売本数が650万本を突破し、そのうち約半数のプレイヤーが本作を最後までクリアしたことも明らかになった。

関連URL(PSブログ):
https://blog.ja.playstation.com/2021/03/26/20210326-got/

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP!

Related Articles

Nintendo Switch Online追加タイトル『マリオストーリー』12月10日配信。記念すべき「ペーパーマリオ」シリーズの第1作目

ニンテンドウ64やプレイステーションなど、3Dゲーム隆盛の時代にあえて平面的な2Dキャラクターを登場させ、2Dと3Dによる不思議な世界を作り出した傑作。

Stay Connected

TOP STORIES