「カプコンショーケース」まとめ 『モンハンライズ:サンブレイク』最新情報&体験版配信、『バイオ RE:4』続報など

 カプコンは6月14日、世界同時配信のデジタルイベント「カプコンショーケース」を開催。「“もっと詳しく“、”もっと早く“、”もっと身近に”」をコンセプトに、カプコンのタイトルに関する最新情報が公開された。

 『モンスターハンターライズ:サンブレイク』、『バイオハザード RE:4』、『エグゾプライマル』などの最新タイトルの続報をはじめ、『バイオハザード ヴィレッジ』DLC「ウィンターズ エクスパンション」や、「ドラゴンズドグマ10周年ファンミーティング」配信などの情報も明かされた。

 また、配信日である6月14日から『バイオハザード7 レジデント イービル』、『バイオハザード RE:2』、『バイオハザード RE:3』の3タイトルについて、PS5/Xbox Series X|S版が販売開始。レイトレーシング、ハイフレームレート、3Dオーディオに対応した新機種版となっている。 

 

『モンハンライズ:サンブレイク』最新映像&体験版配信決定

 公開された映像では、新たにエスピナス、ゴア・マガラ、ダイミョウザザミ、ヤツカダキ亜種の4体が追加されることが判明。加えて、新フィールド「密林」や、シングルプレイ専用の「盟勇クエスト」などが紹介された。「密林」は『モンスターハンター2』など過去作で登場したことのあるフィールドだ。

『モンスターハンター4』のメインモンスター「ゴア・マガラ」
「モンスターハンター フロンティア」シリーズで登場したオリジナルモンスター「エスピナス」
密林などに生息する「ダイミョウザザミ」
爆破属性を持つヤツカダキの亜種

 また、体験版が2022年6月15日から配信開始。「ニンテンドーeショップ」および「Steamストアページ」からダウンロードが可能。

 体験版では、シリーズ初心者から経験者向けまで、4つの討伐クエストを用意。新アクション「疾替え」「先駆け」や、新たな鉄蟲糸技が体験できる内容となっている。

▲新たに発表したフィールド「密林」で、電竜「ライゼクス」の討伐クエストに挑戦できる。
▲『モンスターハンターライズ』の基礎から体験できる初心者向けクエストも。
▲熟練者向けに、体験版用として特別に調整された高難度の「メル・ゼナ討伐クエスト」にも挑むことも可能。

 そして、『モンハンライズ:サンブレイク』は発売後も無料タイトルアップデートを複数回実施していく予定。第1弾では、「ナルガクルガ希少種」に加えて、新フィールド「塔の秘境」や、希少種モンスター、特殊個体モンスターの追加などを計画しているという。あわせて、第2弾以降のロードマップも公開された。

ナルガクルガ希少種

 

完全新作『エグゾプライマル』ゲームプレイトレーラー公開

 PS5 / PS4 / Xbox Series X|S / Xbox One / PC(Steam)のマルチプラットフォームで開発が進められている『エグゾプライマル』の新情報が公開。Steam版では、クローズドネットワークテスト実施が予定されている。

 『エグゾプライマル』は、「ロール」という役割に特化した最新鋭パワードスーツ「エグゾスーツ」を纏い、圧倒的な量で押し寄せる「恐竜災害」に立ち向かう、オンライン専用のチーム対戦型マッシヴアクション。「ティラノサウルス」や「プテラノドン」など、実在したとされる恐竜が多数登場する。

 クローズドネットワークテストで体験できる予定の「ディノサバイバル」は、5人のプレイヤーが1つのチームとなり、5人対5人でチームの勝敗を争うモード。作中の新世代AI「リヴァイアサン」が提示するミッションを、相手チームよりも先にクリアすれば勝利となる。

 提示されるミッションには、指定された恐竜を討伐する「目標討伐」、着陸したVTOL(垂直離着陸機)を恐竜の波状攻撃から守る「VTOL防衛」、オブジェクトを目的地まで運ぶ「データキー護衛」など複数のパターンが存在する。

 なお現在、公式Twitterアカウントによるクローズドネットワークテスト開催記念キャンペーンが実施中。

 

『ドラゴンズドグマ』10周年記念映像を6月17日7時に配信

 先月に誕生10周年を迎えた『ドラゴンズドグマ』に関して、「ドラゴンズドグマ10周年ファンミーティング」の配信が6月17日に行われることが明らかに。第1作スタッフへのインタビュー、対談により「『ドラゴンズドグマ』がどのように誕生したか?」に迫る特別映像になっているという。

 なお10周年を記念して、各ストアではDL版『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』がセール販売されている。

 

『バイオヴィレッジ』DLCが10月28日配信

 『バイオハザード ヴィレッジ』のDLC、「ウィンターズ エクスパンション」が10月28日に配信開始される。配信日には本編とセットになった『バイオハザード ヴィレッジ ゴールドエディション』も発売予定(価格は未定)。なお、同日には『バイオハザード RE:バース』のサービス開始も予定。

 DLCには本編を三人称視点でプレイできる「サードパーソンモード」、プレイアブルキャラやステージを追加した「ザ・マーセナリーズ アディショナル オーダーズ」、イーサンの娘であるローズマリーを主人公とした新規シナリオ「シャドウズ オブ ローズ」の3つのコンテンツを収録。

 「シャドウズ オブ ローズ」ではローズマリー・ウィンターズを主人公として、生まれ持った特殊な“力”をめぐる物語が展開される。

 バトルに特化したエクストラゲーム「ザ・マーセナリーズ」には、ステージの追加に加えて、クリス・レッドフィールド、ハイゼンベルク、ドミトレスク夫人がプレイアブルキャラクターとして参戦。

 ゲーム本編にはサードパーソンモードが実装され、新たな視点でプレイすることができる。

 

『バイオハザード RE:4』続報が公開

▲クリエイターによるプレゼンテーション映像(1:04:30~)

 6月3日に発表されたばかりの『バイオハザード RE:4』について、続報が公開された。原作と同じ三人称視点“ビハインドビュー”を採用しつつ、操作感を現代的に調整し、ストーリーも再構成していることが明らかになった。

 主人公や敵のビジュアルに加え、舞台となるヨーロッパの閑村に関するイメージアートなども公開されている。

▲主人公であるレオン・S・ケネディ
▲「村人(ガナード)」と呼ばれる、人ならざる敵

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES