戦略SLG『新信長の野望』DL2位&セルランTOP10入りの好スタートを記録 背景には事前登録キャンペーンが影響か

 2022年6月14日にリリースされたスマーフォン向け戦略シミュレーションゲーム『新信長の野望』がダウンロードランキングで2位、セールスランキングでも10位を獲得し、好調のスタートとなった。

▲アプリ分析ツール「LIVEOPSIS」より

 『新信長の野望』はコーエーテクモゲームスから正式に『信長の野望・創造』のライセンスを受け、制作されたタイトル。オリジナルの世界観を継承、アレンジを加えたグラフィックやBGMが使用されており、「信長の野望」のシリーズユーザーからも期待されていた。

 また、本作はMMO戦略シミュレーションゲームを謳っており、史実に添ったストーリーを楽しむシングルプレイのほかに、他のプレイヤーと天下統一を競い合うマルチプレイも実装されている。

 本作は5月20日から事前登録受付を開始しており、翌21日から6日間は事前登録受付に伴うプレゼントキャンペーンを実施。iPhone13Proや最大1万円の選べるギフトが合計1059名に当たるとし、全日1万以上のリツイートを記録した。

 豪華なプレゼントキャンペーンの影響もあってか、5月23日には事前登録者数5万人を突破し、キャンペーン最終日には10万人まで到達。

 以降も、本作の声優を担当した杉田智和さんなどのサイン色紙が当たるリツイートキャンペーンや、最大1万円分のamazonギフトが獲得できるキャンペーンなどを実施し、リリース直前となる6月12日には事前登録者数が80万人を突破したことを報告している。

 ダウンロードランキング上位を記録するほどの人気となった本作だが、一方でサービス開始時には登録者数の多さも影響してか、ログインできないほどの事態に。順次サーバーを追加する対応で、6月16日までに10の新規サーバーが追加された。

 アクセスが不安定になるほどの好調なスタートとなった本作だが、公式Twitterを確認してみるとキャンペーンが関連しないツイートのリツイート数は数十から100程度がほとんど。一方で、キャンペーンが関連するツイートには数百から万を超えるリツイートが確認できる。

 このことから、本作の人気の背景には「信長の野望」ブランドとしての注目度だけでなく、事前登録に合わせたキャンペーンや広告運用などが大きく影響したと思われる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
プラットフォーム問わず、FPSやRPGなど多種多様なジャンルをプレイする雑食ゲーマー。人生を変えたゲームの魅力を伝えるため、WEBメディアを中心に活動中。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES