バンナム、メタバースに関する政策提言を目的とした経済団体「日本デジタル空間経済連盟」に加盟を発表

 バンダイナムコエンターテインメントは、一般社団法人日本デジタル空間経済連盟への加盟を決定したことを発表した。

 日本デジタル空間経済連盟は、業界横断の総合経済団体として、デジタル空間における経済活動を活性化し、日本経済の健全な発展と豊かな国民生活の実現に寄与することを目的に、2022年4月15日付で設立。デジタル空間の経済発展が日本の経済発展に資するよう、政策提言や情報発信、さまざまな関係団体との対話等の活動を行う。

 加盟を発表したバンダイナムコエンターテインメントは今年度、バンダイナムコグループの新中期計画(2022年4月~2025年3月)で最上位概念として制定されたパーパス(存在意義)である「Fun for All into the Future」のもと、新しい仕組みとして「IPごとのメタバース開発」に着手。

【関連記事】
バンダイナムコグループ、IPごとのメタバース開発を発表。2022~2024年度にかけて「IPメタバース」に150億円を投資

 今後、日本デジタル空間経済連盟への加盟を通じて、さまざまな関係団体のみなさまとつながり、意見交換を行うことで、「IPメタバース」の構築に活かしていく方針だ。

 なお現在、同連盟に入会している企業は40社。日本マイクロソフトやセガサミーホールディングスも一般会員として名を連ねている。

 

日本デジタル空間経済連盟の概要

・所在地  :東京都港区六本木一丁目6番1号
・設立年月日:2022年4月15日
・目的   :業界横断の総合経済団体として、デジタル空間における経済活動を活性化し、日本経済の健全な発展と豊かな国民生活の実現に寄与すること
・活動内容 :
 デジタル空間経済発展に向けた、課題やニーズなど事業者の意見集約
 政策提言、報告書の提出
 政府、国内外の行政団体との対話
 デジタル空間に関わる総合的な情報発信

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES