リメイクプロジェクト第2作『FF7 REBIRTH』が来冬発売 『クライシス コア』HDリマスターは今冬リリース

 スクウェア・エニックスは6月17日、『FINAL FANTASY VII REMAKE』に続く「FINAL FANTASY VII リメイクプロジェクト」の第2弾として、PS5用ソフト『FINAL FANTASY VII REBIRTH』を発表した。発売時期は来冬を予定。

 また、「FINAL FANTASY VII リメイクプロジェクト」はもともと複数作品に分割してリリースされることが決まっていたが、今回の発表にあわせて三部作で完結することが明らかになった。

 詳しいシステムなどの要素は不明なものの、クラウドとセフィロス、そしてザックスといった重要人物の姿が映像内で確認できる。

 さらに、2007年にPSPで発売された『CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-』(クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-)のHDリマスター版である『CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII- REUNION』の発売も決定。発売は今冬を予定し、PS5/PS4/Nintendo Switch/Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam)のマルチプラットフォームで展開する。

 同作は英雄に憧れる青年・ザックスを主人公に、『FF7』の前日譚を描いた作品。グラフィックのHD化に加えて、登場キャラクターやモンスターなどのモデルが全て一新。UIも現代的に変化し、新たにアレンジされた楽曲の収録やフルボイスへの対応が行われている。一般的な「HD リマスター」よりも力の入った印象だ。

 なお、一連の発表は『FF7』の25周年記念番組「ファイナルファンタジーVII 25th アニバーサリー セレブレーション」で行われたもの。ほかにも新たにモバイル向けRPG『FINAL FANTASY VII EVER CRISIS』が発表され、2022年内にクローズドβテストを実施することが明らかになっている。

 これにより、エイチームと共同開発するモバイル向けバトロワ『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER』(ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー)を含めて、『FF7』関連作品は現行で4作が稼動。

 『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER』では同日(6月17日)より、25周年記念コラボの一環として『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-』とのコラボイベントを開催中。ザックス、エアリス、ジェネシスなどのキャラクターがローポリゴン風スキンとなって登場する。

 また現在、『FF7』のナンバリングにちなんだ「7つのキャンペーン」の第1弾として、Twitter上でフォロー&RTキャンペーンが実施されている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES