PS Blogで『FF16』プロデューサー・吉田直樹氏のインタビュー記事が公開 ストーリーと演出、バトルがロード無しで繋がる

 SIEはPlayStation.Blogで6月22日、PS5用ソフト『ファイナルファンタジー XVI』(FF16)のプロデューサーを務める吉田直樹氏のインタビュー記事を公開した。

 インタビューでは『FF16』の開発について、さまざまな問いに回答。また、PS5独占の開発だからこそ実現した要素についても言及している。以下、吉田氏が明らかにした内容を一部紹介。

開発の進捗について

・オープニングからエンディングまで、ゲーム本編はすでに完成。ここからは通しプレイを重ねて、難易度の調整やカットシーンの演出調整などを行ないつつ、大規模デバッグを実施。

・対応言語数も多いため、膨大なテキストのボイス収録作業が山場として進行中。

PS5での開発について

・PS5の超高速ローディングの仕組みによって、ストーリーと演出、リアルタイムバトルが一切のロード無しで繋がっているため、圧倒的な速度でゲームが進行する。

ロゴについて

・対になっている2体の召喚獣が描かれたロゴについては、「大きな意味があるが、今はまだ秘密」。

サウンドについて

・『FF16』テーマとモチーフも、先日公開されたトレーラー「DOMINANCE」の楽曲に含まれている。

 そのほか元記事では、『FINAL FANTASY XIV』(FF14)のプロデューサー兼ディレクターでもある吉田氏が、どのように『FF16』のプロデューサーを両立させているのかなど、意気込みや制作までの経緯まで心境が語られている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

急成長のNextNinjaが全職種積極採用! 代表・山岸氏が本気で求める人材像とは

[AD]飛躍の時を迎えつつあるNextNinjaは今、全力で新たなチャレンジャーを探している。「全職種積極採用」を掲げる組織戦略と、求める人材像とはいかなるものなのか。代表の山岸氏に直接話を聞いた。

Related Articles

リニューアル及び新サイト移行作業につき更新一時停止中

具体的な日時は調整中ですが、リニューアル及び新サイト移行作業が完了した際には、PickUPs!上でもお知らせ致します。またメールマガジンにご登録していただいた方には優先して告知致します。

Stay Connected

TOP STORIES