『プロジェクトセカイ』公式Youtubeチャンネルが登録者数100万人突破 ゲーム内MVやフル音源、Webラジオなどを投稿

 6月23日、セガとColorful PaletteによるiOS/Android 向けリズム&アドベンチャーゲーム『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』(プロセカ)の公式Youtubeチャンネルが登録者数100万人を突破した。

 公式Youtubeチャンネル「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」は2020年7月21日に開設され(アプリリリースは2020年9月30日)、これまでの投稿数は550以上、総再生回数は4億2,000万回を超えている(執筆時点)。

 分析ソリューション「LIVEOPSIS」で確認すると、2022年5月だけでもチャンネル全体の視聴回数が約3,561万回となり、新規登録者は約5.5万人を記録していた。この再生回数の多さは、他のゲーム公式チャンネルと比較しても抜きんでた数字。

 同チャンネルでは、高い頻度でゲームに収録されている楽曲の動画をメインに投稿している。ゲーム内で実装される3DMV、リズムゲームの譜面が確認できるプレイ動画をはじめ、フルサイズの楽曲動画(専用のMVが制作されている場合が多い)も投稿されている。楽曲動画の多くが100万再生を突破しており、中には1,000万再生を超える動画も存在。

▲現在最も再生回数が多い「トンデモワンダーズ」の3DMV動画。
▲フルサイズの「シネマ」2DMV動画。1,000万再生を突破している。

 また、ゲーム内に登場するユニットごとにWebラジオや、ボカロPなど楽曲のクリエイターに焦点をあてた番組も配信。ミニアニメ「ぷちセカ」といったメディアミックス作品や賞金付き公式大会の配信も同チャンネル上で展開している。

▲ミニアニメ「ぷちセカ」
▲一風変わった企画として、ゲーム内ユニット「25時、ナイトコードで。」の作業風景を長時間にわたって配信。

 『プロセカ』は2021年9月30日に1周年を迎えて以降、アクセス数が今年1月~2月には1周年の1.5倍、3月には2倍以上へと急激に増加するなど、半年の間にアクティブユーザーの急増が報告されていた。ユーザーが増える中で、クオリティの高いMVはもちろん多岐に渡る施策によって人気を集めている同チャンネルは、エンゲージメントの拡大に欠かせない存在となっていることだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES