『Fall Guys』がF2P化から2週間でプレイヤー数5000万人を突破 アサシンクリードコラボも始動

 Mediatonic は7月6日、同社が提供する『Fall Guys: Ultimate Knockout』に関して、6月21日の基本プレイ無料(F2P)化後わずか2週間でプレイヤー数が5000万人に増加したことを発表した。

 先日、F2P化後48時間で2000万人を突破したことが報告されていたが、そこから更にプレイヤー数を3000万人増やした形(関連記事)。

 F2P化に伴いPS5/PS4/Nintendo Switch/ Xbox Series X/S/Xbox One/ PC(Epic Games)版が配信(※Steamでの新規販売は終了)され、クロスプレイやクロスプラットフォームパーティー、クロスプログレッションにも対応。これにより多くのユーザー層にリーチしたものと見られる。

 なお現行のシーズンでは「リングのノロイ」や「スピードサーキット」、「バレーフォール」といった新ラウンドが追加。なわとび、バウンシーフロア、ブラストボールといった新しい障害物も登場している。

 現在、ゲーム内では『アサシンクリード ヴァルハラ』の主人公エイヴォルのコスチュームなどが新しくアイテムショップに追加され、コラボイベント「アブスターゴのチャレンジ」も開催中。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES