『Apex Legends』世界大会“ALGS”が初の有観客イベントを開催  日本勢は4位と健闘

 国内最大級のeスポーツエンターテインメント「RAGE(レイジ)」は、エレクトロニック・アーツが主催するバトルロイヤルシューティングゲーム『Apex Legends』の世界大会「Apex Legends Global Series(以下、ALGS)」の決勝大会Championshipの模様をYouTubeとTwitchで配信した。

 今回が2度目の開催となるALGSはアメリカ・ノースカロライナ州ローリーのPCNアリーナで有観客で実施され、現地時間7月7日から7月10日にかけて世界最高峰を決める熾烈な戦いが繰り広げられた。

 4日間の激闘を勝ち抜き、優勝賞金の50万ドルを獲得したのはAPAC South地域のDarkZero。同チームの前身となるReigniteは前回大会の優勝チームで、全世界に向け再び実力を示した形となる。

 今大会では残念ながら優勝には届かなかったものの、APAC North地域から決勝に出場した日本勢のFnaticも活躍を見せ、世界4位と健闘。

 決勝後に行われたインタビューではプレイを「今回はやりきって4位だったので悔いはないです」と振り返り、国内のファンに向けては「応援ありがとうございました。本当に励みになりました」と感謝した。

 現地では多くの観客を集め大きな盛り上がりを見せたALGSだが、日本国内での盛り上がりも激しく、SNS上ではALGS関連のワードやハッシュタグがトレンド入りしている。

 また、MCに平岩康佑さん、大和周平さん、解説にすでたきさん(ZETA DIVISION所属)、Aleluさんを迎えた観戦配信では、YouTubeとTwitchどちらも全日数十万回の視聴回数を記録。

 4日間にわたって行われた配信の視聴回数は合計で370万回を超えており、同配信は『Apex Legends』の日本国内での人気の高さと、eスポーツに対する関心の高さを表す結果となった。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
プラットフォーム問わず、FPSやRPGなど多種多様なジャンルをプレイする雑食ゲーマー。人生を変えたゲームの魅力を伝えるため、WEBメディアを中心に活動中。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES