Slack、初の料金改定とフリープランの内容変更を発表 プロプランが月額90円の値上げ

 Slackは7月18日、同社が提供するサービスにおいて、料金改定(値上げ)と「フリープラン」の内容変更の実施を発表した。2022年9 月1日から適用を予定している。なお、同社が料金改定を行うのは、2014年のサービス開始以来初。

 「Slack」はビジネスチャットツール。同社はメンバー、ツール、顧客、パートナーをつなげるDigital HQ(会社を動かすデジタル中枢)と定義し、ビジネスシーンで円滑なやり取りができる各種サービスを提供している。

▲同社製品を活用して、タスクを進めやすくするカスタムインテグレーションの作成から、連携をスムーズにする絵文字を使ったリアクションまで、Slackでは毎週 150億件ものアクションが実行されているという。

 値上げの対象となるのはプロプランのみ。同プランは主に、中小規模の組織やチームの連携を強化する用途で契約されることが多いプラン。月額料金がこれまでの 1 ユーザーあたり 960 円から 1,050 円になり、年間契約では、1 ユーザー 1 か月あたり 850 円から 925 円に変更される。

 あわせて、フリープランの内容も変更し、ユーザーが Slack のさまざまな新機能を柔軟に試しやすくなるという。

 具体的には、メッセージ数を 1 万件、ストレージ容量を 5GB に制限する代わりに、過去 90 日間のメッセージ履歴とファイルストレージの利用を無制限にすることで、制限を気にせず使用できるようになる。加えて、クリップ(音声や動画のデータを共有できる機能)、およびメッセージとファイルの保存設定など一部機能も利用可能となる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES