大ヒットモバイル向けRPG『ヘブンバーンズレッド』Steam版リリース決定 スマホ版とのデータ連携及び4K解像度にも対応

 Wright Flyer Studios、およびKeyは7月24日、両社が提供するモバイル向けRPG『ヘブンバーンズレッド』の国内向けSteam版の配信を予定していることを発表した。

 Steam版のリリース日は近日中の公開を予定しており、サービスは現在日本国内のみを対象としているとのこと。また、Steam上ではすでにストアページが公開されており、システム要件なども確認できる。

 公式Twitterなどでは、既に本作をプレイしているユーザーに向け、スマホ版とデータ連携が可能なことや4K解像度に対応していることをアピールしている。

 本作は、『AIR』や『CLANNAD』などの恋愛アドベンチャーゲームで知られる麻枝准氏(Key所属)が原案・メインシナリオ、音楽プロデュースを手掛ける新作モバイル向けRPG。キャラクターデザイン・原案とメインビジュアルは、『ソフィーのアトリエ』『マギア・レコード』などで知られるゆーげん氏が担当している。

 優れたビジュアルや音楽はもちろん、最大のセールスポイントは「最上の、切なさを。」をキャッチコピーにしたそのシナリオ。謎の生命体「キャンサー」によって危機に瀕する世界を舞台に、最後の希望を託された少女たちの物語が展開され、全編を通してフルボイスで進行するのが特徴だ。

 PCをメインにゲームをプレイするユーザーにとっては大きなサプライズとなったSteam版だが、気になるのはやはりリリース日。

 近日中に公開予定とのことだが、『ヘブンバーンズレッド』は7月29日にメインストーリーの第四章前編の開幕を予定しており、早い段階でリリースされるものと思われる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
プラットフォーム問わず、FPSやRPGなど多種多様なジャンルをプレイする雑食ゲーマー。人生を変えたゲームの魅力を伝えるため、WEBメディアを中心に活動中。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES