eスポーツイベント「GGC Summer Fes 2022」でSDGsへの取り組みを実施 大会参加者1人につき10kgのCO₂を削減

 全日本青少年eスポーツ協会 / Gameicの公認団体であるGood Game Companyは、8月16日~30日に開催される「GGC Summer Fes 2022」を通じてSDGs・環境貢献へ取り組むことを発表した。

 「GGC Summer Fes 2022」は、音楽×教育×ゲームをテーマに、著名なインフルエンサーやミュージシャンが出演する大型オンラインイベント。『マインクラフト』『PUBG Mobile』など5つのゲームタイトルとオープニングセレモニーの計6プログラムで構成されている。

 同イベントでは「LOGISTEED CO₂ CHALLENGE」へ参加。「カーボン・オフセット」を活用し、eスポーツ大会への参加者1人につき10kgのCO₂削減を行う。執筆時点での累計大会参加者4,173名となり、すでに41,730kgのCO₂削減を行っている。

 この取り組みにより、eスポーツ大会の主催者・参加者が楽しく環境貢献活動に参加できる仕組みを構築し、SDGsの17の目標のうち、⑬「気候変動に具体的な対策を」、⑮「陸の豊かさも守ろう」、⑰「パートナーシップで目標を達成しよう」に取り組んでいくという。

 また、東北地域創出のクレジットを活用し、東日本大震災被災地復興活動を支援するとしている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES