『鉄拳7』最新映像でシリーズ最新作の示唆か 最新の3DCGで描かれた三島一八がラストに出演

 バンダイナムコエンターテインメントは8月8日、同社の3D対戦格闘シリーズ「鉄拳」について、『鉄拳7』のアップデート動画を公開した。あわせて、同映像の最後にはシリーズ最新作を匂わせる演出が収録されている。

 映像は同日に『鉄拳7』の決勝大会が開催された「EVO2022」で初公開されたもの。3年ぶりとなる「TEKKEN World Tour」の開催も改めて告知され、同作におけるバランス調整、新要素の追加などが行われることも明らかになった。無料アップデートは8月17日を予定している。

 『鉄拳7』は今年6月、家庭用版が発売5周年を迎えたタイミングで世界累計販売本数が900万本を突破(関連記事)。同作は定期的なセールキャンペーンなどでコンスタントに売上を伸ばしていったタイトルだが、アーケード版稼動開始(2015年2月18日)を含めるとすでに運用8年目となる。そのため、ファンからは新作を求める声が多く挙がっている状況だ。

 そんな中、最新動画では初代『鉄拳』の主人公・三島一八のエンディングムービーが映し出され、ラストで現代の3D技術で描かれた三島一八の顔に切り替わる演出が用意され、最新作の「匂わせ」のように捉えることができる。詳細は不明なものの、近いうちの新作発表に期待が高まる一幕となった。

▲「GET READY」の一文が添えられていることからも、最新作の存在が期待できる。

 なお、『鉄拳7』の無料アップデート実施予定日の翌日(8月18日)には、Netflix独占のアニメシリーズ「Tekken: Bloodline」が公開予定。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES