日本一ソフトウェア、代表取締役社長の新川宗平氏が辞任 後任として創業者であり現会長の北角浩一氏が社長を兼任

 日本一ソフトウェアは8月19日、同社代表取締役の異動を発表し、現取締役会長である北角浩一氏が代表取締役社長を兼任することが明らかになった。

 これは前社長である新川宗平氏が辞任を申し出たことによる異動となり、辞任の理由に関しては「一身上の都合」としている。なお、業務の引継ぎのためNIS America, Inc.と新川氏はコンサルティング契約を結ぶ予定とのこと。

 新川宗平氏は1996年に日本一ソフトウェアへ入社し、これまで「魔界戦記ディスガイア」シリーズのシナリオをはじめ、さまざまなタイトルを手掛けた人物。2009年からは代表取締役社長として同社を率い、生放送などで自ら情報発信も多く行っていた。メディアへの露出の際には、日本一ソフトウェアのマスコットキャラクター・プリニーの被り物をよく着用していることでも知られる。

 一方の北角浩一氏は、1993年に日本一ソフトウェアに設立し代表取締役を務めたのち、2009年に代表取締役会長に、2016年には取締役会長に就任した。今回の異動で、再び代表取締役社長に復帰した形だ。

 北角浩一氏は同社のホームページで、これまでに強力なIPを作り出すために取り組んだ7つの課題を挙げると共に「これらの基礎や仕組みを作り上げ、そして30年という節目に社長に復帰したことから、永続企業として世代交代を実現することが私の責務と考えております。」とコメントしている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES