『Roblox』内のソニック公式ゲーム、累計プレイ回数が5億回を突破 メタバース上で新たなファン層の拡大にも寄与

 セガは、2022年4月よりメタバース・プラットフォーム『Roblox』で配信されている「ソニックスピードシミュレーター」について、2022年8月21日時点で累計プレイ回数が全世界5億回突破したことを発表した。

 「ソニックスピードシミュレーター」は、大手ゲームデベロッパー・パブリッシャーのGamefamがセガとのコラボレーションによって制作した無料で楽しめるソニック公式のエクスペリエンス(ゲーム)。2022年4月16日にローンチされた後、初週の段階で全世界600万人以上のデイリーアクティブユーザーを集めた。これは現時点で『Roblox』で2022年に公開された全エクスペリエンスの中でも最多の数字となる。

 同コンテンツの舞台は、ユーザー自らが開放していく6つの異なる没入型3D世界となっている。通常のゲームプレイやイベント、いくつかのミニゲームの他に、ユーザーはプレイを進める中でテイルス、ナックルズといった人気キャラクターのプレイヤースキンなどをアンロックすることが可能だ。

 新作映画の日本公開に合わせて、拡大を続ける日本の『Roblox』ユーザー層向けに、「ソニックスピードシミュレーター」の日本語版を提供している。日本は全世界で25の巨大なインターネット市場を持つ国の中で、2022年第一四半期に最もデイリーアクティブユーザー数を伸ばした国となった。

 ソニックシリーズのプロデューサーを務めるセガの飯塚隆氏は、「4月のローンチ以来、『ソニックスピードシミュレーター』に対して全世界のRobloxコミュニティから好意的な反応が集まり、メタバース上での新たなファン層の広がりが生まれていることを嬉しく思います。映画でのヒットを皮切りに、老若男女を問わず全世界でソニックの人気が広がりつつある中、メタバースへの参入と年末に控える新作『ソニックフロンティア』でより多くのファンの方々にソニックの世界を楽しんでいただけることを期待しています」とコメント。

 またGamefam CEOのジョー・フェレンツ氏は、「現在既に全世界5億人以上の人々がプレイしているという中で、Robloxコミュニティ内でのこのゲームの受容度は我々の当初の期待を遥かに上回るものでした。ソニックにとって初の本格的な3Dマルチプレイヤーゲームの制作にあたり、我々はセガからの信任を得られたことを光栄に思います。Roblox上のソニックにはまだ見ぬ未来があるものと思っており、この並外れたプレイヤーコミュニティに寄与し、更なる喜びを与えられることを心待ちにしています」とコメントしている。

 また映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』の公開を記念して、Apple Japanとの協力により、「ソニックスピードシミュレーター」の体験版が日本のApp Storeにも公開されている。8月14日から8月26日までのキャンペーン期間中に、エクスペリエンスは複数回に渡ってApp Storeのゲームセクション最上部に表示される。

 『Roblox』は世界のメタバース市場を牽引する存在として、日本文化をふんだんに取り入れたエクスペリエンスの開発・迅速な日本語化を行い、今後もより多くの日本ユーザーをコミュニティに迎え入れていくとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES