『GRAVITY DAZE』の映画化が進行中との報道 PlayStation ProductionsとScott Free Productionsが制作に携わる

▲画像は米メディア「Deadline」より

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントが提供するアクションゲーム『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動』について、映画化が進行中であることが明らかになった。米メディア「Deadline」が報じている。

 報道によると、PlayStation Productionsと、Scott Free Productionsが制作に携わる。なお、配給がPlayStation Productionsであるかは不明。

 Scott Free Productionsは、「エイリアン」の世界的ヒットでも知られるリドリー・スコット(Ridley Scott)氏が率いるイギリスの映画製作会社で、『GRAVITY DAZE』映画の監督をアナ・マストロ氏(Anna Mastro)が、脚本をエミリー・ジェローム氏(Emily Jerome)が手掛けるという。

 監督のマストロ氏はこれまで、Disney+の「シークレット・ソサエティ ~王家第二子 秘密結社~」(2020年)の制作に携わり、Netflixのドラマ「エコーズ」(2022)でも2エピソードを担当。一方のジェローム氏は、2017年のスリラー「Panopticon(原題)」などに携わった新進気鋭の脚本家である。

 『GRAVITY DAZE』は日本のクリエイター・外山圭一郎氏が制作を手掛け、第1作が2012年にPS Vita向けに、第2作の『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』が2017年にPS4向けで発売。重力をテーマにした変幻自在なアクションが特徴の作品となっている。映画は第1作をベースにしているとのこと。

 なお、PlayStation ProductionsはSIEのゲームを映画・テレビ番組化するスタジオとして2019年に設立。現在、「ゴッド・オブ・ウォー」や「Horizon」、「The Last of Us」といったIPに加え、『Ghost of Tsushima』や『Days Gone』といったタイトルの映像化が進行中とされている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES