背面ボタン搭載のPS5新型コントローラー「DualSense Edge」発表 高いカスタマイズ性に加え、抜けにくいケーブルも付属

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは新たなPlayStation 5用コントローラー「DualSense Edge ワイヤレスコントローラー」を発表した。

 同製品は幅広いカスタマイズが可能なコントローラーで、背面ボタンやスティックの変更に対応。詳細なリマッピングや調整で、完全にパーソナライズされたコントローラー体験を実現するという。

 アクションの複雑化やFPSなどの競技性の高いタイトルの普及により、需要が高まっていたコントローラーのカスタマイズ性。

 同社はこの需要の高まりに応える形で、PlayStation 4用コントローラー「DUALSHOCK 4」に対応した背面ボタンアタッチメントをリリースしていたが、今回本格的にカスタムコントローラーに参入するかたちだ。

▲Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2。

 この手の製品はXboxコンソールでは類似製品の「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー」が公式販売されているほか、PlayStation 4ではSCUFコントローラーやASTRO GamingのC40 TRのような社外製品が多数販売されており、ソニーは後れを取っていた。

 本製品ではその後れを取り返すかのように、ベースとなる「DualSense」からカスタマイズ性を大きく拡張。

 一番の注目ポイントとなるボタン等の換装については、背面ボタンはハーフドーム型かレバー型を選択可能なほか、スティックは高さの異なる3つのキャップを交換可能。さらに、スティックモジュール自体の交換も可能とのことで、1台のコントローラーでより長く遊ぶことができるとしている。

 ボタン設定等のカスタマイズは、トリガーの移動距離(おそらく押し込みの深さ)が物理的に調整可能。もちろん、特定のボタンのリマッピングや無効化、スティックの感度やデッドゾーンの調整にも対応し、それらの設定をプロファイルに保存することもできる。

 スティック下側に配置されたFnボタンはあらかじめ特定の機能を割り当てることができ、設定プロファイルの切り替えや音量バランスが素早く調整可能だ。

 そのほか本製品には、ケーブル抜けを防止するロック機構がついたケーブルや、収納したまま充電可能なキャリングケースなども付属するとのこと。

 現時点では本製品の値段や発売時期については不明。FPSを楽しむヘビーユーザーなどにとって待望のカスタマイズコントローラーとなる本製品の続報に期待したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
プラットフォーム問わず、FPSやRPGなど多種多様なジャンルをプレイする雑食ゲーマー。人生を変えたゲームの魅力を伝えるため、WEBメディアを中心に活動中。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES