TGS2022にMeta Questが初出展 『Beat Saber』等人気VRゲーム5タイトルに加え、初のデモを展開する新作も用意

 VRヘッドセット「Meta Quest 2」などを展開するMetaは、2022年9月15日(木)〜18日(日)に開催される東京ゲームショウ2022にて、同社の製品が体験できるブースを出展することを発表した。

 Meta QuestブースではオールインワンVRヘッドセット「Meta Quest 2」で人気VRタイトルが5作品が体験できるとのこと。 

 「Meta Quest 2」は2020年に「Oculus Quest 2」として発売され、以降手頃な価格でVR体験ができるデバイスとしてエンターテインメントのみならず、幅広い分野で親しまれてきたVRヘッドセット。

 同社は同製品の前身となるOculusブランドでの出展経験はあるものの、Meta Questブランドとして東京ゲームショウに出展するのは初めてだ。

 「Meta Quest 2」は登場以降その手軽さでVR市場をけん引しており、今年2月にはMeta Questストアでの売上が10億ドルを突破するなど市場の活発化を見せている。

 TOKYO GAME SHOW VRの開催など、VR市場への本格的な参入を見せる東京ゲームショウと勢いに乗るMeta Questがどのようなマッチングを見せるのか注目だ。

 

Meta Questブース詳細

 VR/ARエリア内の「ホール6-C01」に配置されるという同ブースでは、『Among Us』のキャラクターやカラフルなネオンカラーのボックスが目を引く、10部屋のデモスペースを用意。

 デモスペースでは下記5タイトルに加え、東京ゲームショウ2022が初のデモ体験となる新作タイトルの準備も進められているという。

■ VRリズムゲーム『Beat Saber』

■ VRスポーツゲーム『Sports Scramble』

■ VR魔法ARPG『RUINSMAGUS ~ルインズメイガス~』

■ VR剣戟アクション『ALTAIR BREAKER』

■ VR捜査アクション『ディスクロニア:CA』

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
プラットフォーム問わず、FPSやRPGなど多種多様なジャンルをプレイする雑食ゲーマー。人生を変えたゲームの魅力を伝えるため、WEBメディアを中心に活動中。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES