EA Originalsとコーテクのω-Forceが協力し「次世代のハンティングゲーム」を開発中

 エレクトロニック・アーツ(EA)は9月13日、コーエーテクモゲームスとパートナーシップを結び、「次世代のハンティングゲーム」を開発中であることを明らかにした。今月中に続報を公開する予定。

 新作タイトルは『It Takes Two』や『A WAY OUT』などで知られるEAのスタジオ「EA Originals」と、コーエーテクモで「無双」シリーズを手掛けるω-Forceが協力して開発。詳細は不明だが、封建時代日本ファンタジーをベースにしたAAA規模のハンティングアクションになるという。両スタジオの技術を活用して、ハンティングジャンルを次のレベルに引き上げることを目指す。

 発表に際して、コーエーテクモゲームス取締役副社長である早矢仕洋介氏は「EA Originalsとパートナーシップを組み、画期的な新作ゲームをリリースしてきたという素晴らしい実績を持つチームのサポートを得られて、とても光栄です」とコメントしている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES