サイバード、アニメイトとゲーム事業領域における共同事業推進に合意  双方の強みを生かした協業へ

 サイバードは、アニメイトとゲーム事業領域における共同事業の推進について合意したことを発表した。

 サイバードは、全世界でシリーズ累計会員数3,500万人を誇る女性向け恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」やサッカーゲーム「BFBシリーズ」、大人気IPのゲーム化『名探偵コナンパズル 盤上の連鎖(クロスチェイン)』など、数々のスマートフォン向けゲームを提供してきた。

 また近年では、ブロックチェーンサッカーゲーム『Blockchain Football』の開発や、『マジカルデイズ The Brats’ Parade』のNFTマーケットプレイスでのグッズ販売など、ブロックチェーンやメタバース領域における事業を積極的に推進している。 

 今回のアニメイトとの共同事業推進の合意により、サイバードの“IP開発力”、“ゲーム・デジタルコンテンツ開発力”と、日本国内のみならず海外にも店舗を展開するアニメイトの“顧客接点”、更にはPC&スマホブラウザゲームのストア「アニメイトゲームス」をはじめとしたデジタルプラットフォーム展開など、双方の強みを生かした協業により、ゲーム事業領域での更なる進化を目指すとしている。 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES