CS版『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』発売決定 アプリ版のADVパートが移植され、新規ストーリーも追加

 エンターグラムは10月9日、PC/モバイル向けに提供する『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』(ゆゆゆい)について、CS版の発売決定を発表した。対応機種、発売日などは未定。

 『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』は、オルトプラスがPCブラウザとiOS/Android向けアプリで展開しているタワーディフェンスゲーム。「結城友奈は勇者である」をはじめとした「勇者である」シリーズを基に、原作準拠のストーリーやおなじみのキャラクターに加えて、オリジナルストーリー、新キャラも登場する。原作の略称「ゆゆゆ」に対して、『ゆゆゆい』として親しまれていた。

 同作は2017年6月に配信開始され以来、5年にわたって運用を続けてきたが、今年8月にサービス終了が告知。2022年10月28日(金)16:00にクローズを予定していた。

 CS版『ゆゆゆい』では、これまでに展開してきたゲーム内のストーリーパートが、家庭用ゲーム機にあわせた精細なグラフィックで移植されるという。容量の都合上、バトルパートやガチャなどの部分はオミットされているものの、新規ストーリーの追加などただの移植に留まらない要素もあるようだ。

 ソーシャルゲームは性質上、サービス終了後はコンテンツが残らないことがほとんどだが、『ゆゆゆい』に関しては今回のCS版発売決定により、ADVゲームとしてコンテンツが残る形。対応機種や発売時期など、ゲームの詳細は現時点で不明だが、追って情報公開があるとのことだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES