TikTok、ライブ配信の年齢要件を18歳以上に引き上げ 配信の閲覧を18歳以上のみに限定する機能もローンチ予定

 TikTokは10月17日、ライブ配信機能であるTikTok LIVEにおける配信の年齢要件を最低16歳から18歳へと変更する新たなポリシーを発表した。施行日は11月23日となり、あわせて新機能などのアップデートが実施される。

 発表によると現在、TikTok LIVEでライブ配信をするには16歳以上であることが要件となっているが、これを成人年齢である18歳に引き上げるという。理由については「ユーザーとクリエイターを保護するため」としている。

 TikTokは10代の若年層に強く支持されているプラットフォームだが、未成年のプライバシー問題や児童ポルノコンテンツを巡る問題などが度々取り沙汰されている。そこでTikTokは「コミュニティの安全を守るための継続的な取り組み」として年齢要件の引き上げを行う。なお、バーチャルギフトを贈ることや、マネタイズ機能を利用することに関してはすでに18歳以上を要件としている。

 さらに、今後数週間のうちに、クリエイターが自分のライブ配信の閲覧を18歳以上にのみ限定できる機能が導入予定。TikTokは例として、「大人向けコメディ」や「人生の辛い経験について話す場合」などを挙げ、こうした配信はリーチ先を大人のみにすることで安全性を高めることができるとしている。

 そのほか、適切でないコメントを制限する機能のアップデートや、最大5人のゲストとライブ配信が可能なマルチゲスト機能などを展開予定。

@tiktoklive_creator

Go LIVE together via Multi-guest | Enjoy going LIVE with 5 guests; try it and#golivenow #multiguest

♬ original sound – TikTok LIVE Creator

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES