Steamの同時接続者数が3000万人突破 9ヵ月で100万、2年半で1000万人の更新

 Valveが提供するデジタルゲームプラットフォームSteamにて、同時接続者数が3,000万人を突破したことが確認された。

 Steamは2003年より正式サービスが開始されており、日本国内でもPCゲーマーを支える重要なプラットフォームとして広く知られている。

 非公式データベース「SteamDB」によれば同時接続者数のピークが更新されたのは日本時間10月23日23時頃で、3000万人がオンライン、うち850万人が何かしらのゲームをプレイしていた。

 Steamでは今年1月にも12日から23日にかけて同時接続者数の100万人増加(連記事)を確認しており、年内で200万人以上の増加があったこととなる。

 なお、大台となる1000万人単位での更新は、2020年3月に2000万人を記録して以来のおよそ2年半ぶりだ。

 今回の更新では『Counter-Strike: Global Offensive』など定番のF2P作品の人気に加え、10月28日に発売を控える『Call of Duty: Modern Warfare II』や、PCでは初展開となる『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』のリリース、11月1日に大型アップデートが予定されている『Apex Legends』への復帰ユーザーなども後押しとなったと思われる。

 2015年の同時接続者数1000万人突破以降、急速な盛り上がりを見せているSteam。日本でも携帯可能なハードウェア「Steam Deck」の予約が開始されており、同プラットフォームが今後どのような盛り上がりを見せるのか注目したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
プラットフォーム問わず、FPSやRPGなど多種多様なジャンルをプレイする雑食ゲーマー。人生を変えたゲームの魅力を伝えるため、WEBメディアを中心に活動中。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES