「星のカービィ」のアーケードゲームが順次稼働開始 グルメレースが題材の子供向け体感型ゲーム

 バンダイナムコアミューズメントは、「星のカービィ」シリーズを題材にしたアーケードゲーム、『星のカービィ ぱくぱくグルメレース』が2022年10月24日より順次稼働開始したことを発表した。

 本作は、レバーを押すとボールが飛んで、カービィの口に入ると点数が入る体感型アーケードゲーム。ボールのほか、マキシマムトマトを口に入れることで高得点ゲット。

 ステージは1面(30秒)が終わると、得点が2倍になる2面(20秒)が開始。そして最後のゴールゲーム(5秒)では、ふたりでタイミングを合わせて同時にレバーを押すことで、ルーレットで倍率を決められる。成績発表後のランキングでは、その日のトップ10まで、ゲームに記録される。

 本作は筐体の大きさから鑑みて、子供向けのアーケードゲームである。「星のカービィ」シリーズは、これまでも積極的なメディアミックスを展開しているだけに、屋外のショッピングモール(ゲームコーナー)でファミリー層に訴求し、ブランド価値を高める効果も見込めそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES