NetEase Gamesが日本の新ゲームスタジオ「GPTRACK50」を設立 代表は元カプコンのプロデューサー・小林裕幸氏が就任

(株式会社GPTRACK50 ロゴ)

 NetEase Gamesは、日本から世界中のユーザーに向けてオリジナル作品を届ける新たなゲームスタジオ・株式会社GPTRACK50を設立したことを発表した。

 GPTRACK50は、NetEase Gamesの100%出資によるゲームソフトウェア開発会社。主にコンシューマソフト事業を中心にオリジナルIPの制作を行い、世界に向けたメディアミックス展開を目指す。

 なお、新会社の代表取締役社長には、『バイオハザード』や『ディノクライシス』、『デビル メイ クライ』、『戦国BASARA』、『ドラゴンズドグマ』など人気シリーズのプロデューサーを務めてきた小林裕幸氏が就任。同スタジオは、世界中のユーザーに向けて良質な作品を展開していく予定とのこと。

【GPTRACK50 新オフィス】

 

株式会社GPTRACK50 代表取締役社長
小林裕幸氏のコメント

 良質なゲーム、良質な映像作品を作り出すためには、すでに日本や海外の多数のチームへの投資経験や共同開発を行っているNetEase Gamesは大変頼もしいパートナーであると考えております。私とスタッフの開発実績や価値観を理解し、独自性を保ったまま開発を支援してもらえることで、さらに強力なチームを作り上げ、世界中のユーザーに楽しんでいただくオリジナル作品を皆さんにお届けすることを目標と致します。

(株式会社GPTRACK50代表取締役社長 小林裕幸氏)

NetEase Gamesからのメッセージ

株式会社GPTRACK50は、世界中が注目するオリジナルIPを生み出すことを目標としています。オリジナルゲーム作品を生み出し、シリーズ化、映像化など幅広く展開して、作品を育て拡大していくことを目指します。社長の小林は『バイオハザード』の実写映画やCGアニメの制作にも関わったほか、さまざまなゲーム原作IPの実写映像化やアニメ化、舞台化、漫画化などのメディアミックス展開に携わるプロデューサーとしても活躍してきました。

この経験を活かし、ヒット作品の続編制作によるシリーズ化や、映像化やノベライズ、コミカライズなど幅広く展開したりと、生み出したIPを育て世界規模に拡大していくことを目指します。

■株式会社GPTRACK50について

公式ホームページ: https://www.gptrack50.com
公式Twitter: https://twitter.com/gptrack50
公式Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCVDrsMW8vWS5iVRjkntf6Eg

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES