高校対抗の全国eスポーツ大会「Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2021」開催

 テレビ東京、電通は、今年で3回目の開催となる高校対抗の全国eスポーツ大会『Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2021(コカ・コーラ ステージゼロ イースポーツ ハイスクール チャンピオンシップ ニセンニジュウイチ)』の開催を発表した。

 4月5日(月)より、大会公式サイトにて出場チームのエントリーを開始し、6月〜7月に全国8ブロックのブロック代表決定戦(オンライン)、 8月12日(木)~ 15日(日)にオフラインにて決勝大会を予定している。
※応募状況によって受付期間などの変更の可能性あり

 また、今年も競技タイトルは『クラッシュ・ロワイヤル』、『フォートナイト』、『リーグ・オブ・レジェンド』の3タイトルに決定。いずれも世界中で絶大な人気を集めており、eスポーツ国際マッチでも開催されているほか、STAGE:0でも過去2回の大会で、全国の高校生選手たちが白熱の戦いを繰り広げたタイトルとなる。

 『STAGE:0 eSPORTS High-School Championship』は、eスポーツ競技の発展と、世界で活躍する日本人選手の輩出を目指し、全国の様々なパートナーと協力して立ち上げた国内最大級の高校対抗eスポーツ大会。昨年は、日本全国の高校1,779校から全2,158チーム・5,555名が大会に参加し、SNSでの配信視聴者数は約747万人※を記録するなど大きな盛り上がりをみせた。
※2020年9月22日集計。決勝大会開催中の「Twitter」「Twitch」「YouTube」視聴者数の総計

  

    

大会概要

■大会主旨:
“STAGE:0(ステージゼロ)”には 「この舞台からすべてが始まる」という意味が込められています。eスポーツという文化で繋がり、チームメイトと共に戦い認め合うことで活躍し成長できる舞台を、全国の高校生の皆さまに提供してまいります。
ぜひご期待ください。
■主催:STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2021 実行委員会 (テレビ東京・電通)
■協力:Epic games、Riot games、Supercell
■後援:
文部科学省、一般社団法人日本eスポーツ連合、オンラインゲーム・eスポーツ議員連盟、日本経済新聞社、浦安市、浦安市教育委員会

  

■トップ・スポンサー:日本コカ·コーラ株式会社
■ゴールド・スポンサー:ロート製薬株式会社、株式会社マウスコンピューター、日清食品株式会社
※日清食品株式会社様から、参加高校の全チームに「カップヌードル」1ケース、「日清カレーメシ」2ケース、「日清のどん兵衛」1ケース、「日清焼そばU.F.O.」1ケースをプレゼントするキャンペーンも実施します。詳しくはWEBサイトをご覧ください。

■メディアパートナー:
北海道新聞社、テレビ北海道(北海道ブロック代表決定戦主催)
河北新報社、東北放送(東北ブロック代表決定戦主催)
中日新聞社、テレビ愛知(中部ブロック代表決定戦主催)
産経新聞社、テレビ大阪(関西ブロック代表決定戦主催)
中国新聞社、中国放送 (中国・四国ブロック代表決定戦主催)
西日本新聞社、TVQ九州放送 (九州・沖縄ブロック代表決定戦主催)
テレビせとうち

  

開催形式について

今年はオンライン形式、一部オフライン形式(無観客)で開催を予定しております。
※変更の可能性があります。

  

参加を検討いただく高校生の皆さま、関係者の皆さまへ

新型コロナウイルスの感染状況に鑑みながら、ご参加いただく皆さまの安全を最優先に開催時期や運営方法を随時検討・対応してまいりますので、内容に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

ご参加いただく皆さまにおかれましても、3密(密閉空間・密集場所・密接場面)の重なりを避けた環境からのご参加をお願いします。参加環境については、保護者(顧問の先生やご両親)ともご相談ください。

なお、開催に関して変更等が生じる場合は、大会公式ウェブサイトおよび公式Twitterでお知らせいたします。

  

参加対象者・大会スケジュールについて

<参加対象者>
・日本国内に在住する高校生・定時制高校生・高等専門学校生・通信高校生であること。
・生年月日が2003年4月2日~2006年4月1日であること。
・同一の学校のチームで参加すること。

<大会スケジュール>
ブロック代表決定戦を勝ち抜いたチームは決勝大会に進出できます。

北海道ブロック:北海道
東北ブロック:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東ブロック:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県
中部ブロック:富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
関西ブロック:滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
中国・四国ブロック:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、 香川県、愛媛県、高知県
九州・沖縄ブロック:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、 鹿児島県、沖縄県
オンライン高校ブロック:通信高校のネットコース(キャンパスへの通学が週1回未満の方)

※詳細は公式サイトへ

   

世界で活躍するeスポーツプレイヤーとの交流や豪華優勝賞品も用意

今年も各タイトルにおいて、以下のような優勝賞品を用意しております。
※いずれも現在調整中のため変更の可能性があります

  

大会アンバサダー&スペシャルサポーター

昨年に引き続き、アンガールズ田中さん、みちょぱさんこと池田美優さんが大会アンバサダー、
アルコ&ピースさんがスペシャルサポーターに就任し、「STAGE:0」の出場選手を応援。

   

■アンガールズ 田中 卓志さん 応援コメント
予選はリモートなので、気楽に参加できますし、迷っている人は、実力試しや思い出作りに全員エントリーしてください!僕たちも、最高の思い出ができるように一生懸命サポートします!過去の映像を見て傾向と対策を練りながら、大会の日まで練習に励んでくださいね。決勝大会でお待ちしております!

  

■池田 美優(みちょぱ)さん 応援コメント
勝っても負けても高校生活の良い思い出になるので、参加を悩んでいるなら気軽にエントリーをポチっとしてください!「STAGE:0」は毎回予想できないドラマが生まれるので、誰でも優勝争いに加われるチャンスがある大会です。大会までまだまだ時間はあります。地道に練習し、悔いのないように楽しみながらがんばってください!

   

2020年(第2回) 大会実績

■参加校数:1,779校 参加チーム:2,158チーム 参加人数:5,555名
■配信視聴者数:約747万人
※2020年9月22日集計。決勝大会開催中の「Twitter」「Twitch」「YouTube」視聴者数の総計
■優勝校:
<クラッシュ・ロワイヤル>三田国際学園高等学校(東京都)
<フォートナイト>角川ドワンゴ学園N高等学校(沖縄県)
<リーグ・オブ・レジェンド>角川ドワンゴ学園N高等学校(沖縄県)

2019年(第1回) 大会実績
■参加校数:1,475校 参加チーム:1,780チーム 参加人数:4,716名
■配信視聴者数:約136万人
※2019年8月15日集計。決勝大会開催中の「Twitter」「Twitch」「YouTube」視聴者数の総計
■優勝校:
<クラッシュ・ロワイヤル>渋谷教育学園渋谷高等学校(東京都)
<フォートナイト>千葉県立下総高等学校(千葉県)
<リーグ・オブ・レジェンド>角川ドワンゴ学園N高等学校(沖縄県)

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP!

Related Articles

『テイルズ オブ アライズ』は“継承と進化”というビジョンを如何にして成し遂げることができたのか

世界累計出荷本数150万本を達成した『テイルズ オブ アライズ』。「CEDEC+KYUSHU」基調講演の予習として、本作の開発テーマにフォーカスを当て紹介していく。

『戦場のフーガ』開発背景にも…サイバーコネクトツーが掲げるIP戦略「ネクストプラン」を改めて紹介

CC2初のパブリッシングタイトル『戦場のフーガ』。「CEDEC+KYUSHU」講演の予習として本作の開発の背景にあるCC2のIP戦略「ネクストプラン」を紹介。

Stay Connected

TOP STORIES