『DEATH STRANDING』プレイヤー数が累計1000万人を突破 

 コジマプロダクションは、2019年11月にリリースされたアクションゲーム『DEATH STRANDING』(デス・ストランディング)について、グローバルで1000万人のユーザー数を記録したと発表した。この数字は、PlayStation4/PlayStation5及びPC版の累計。

 『DEATH STRANDING』は、ゲームクリエイターの小島秀夫氏がコジマプロダクション創立後に初めて開発したタイトルで、同氏が企画・脚本・監督・ゲームデザインを担当している。主演を『ウォーキング・デッド』のノーマン・リーダス氏が務めたほか、マッツ・ミケルセン氏、レア・セドゥ氏、リンゼイ・ワグナー氏といった豪華俳優陣が出演。

 ゲームエンジンには、「Horizon」シリーズなどを手掛けたGuerrilla Gamesと共同開発の「DECIMA」(デシマ)を採用。デシマによる美麗なグラフィックもさることながら、「メタルギアソリッド」シリーズを手掛けてきた小島氏ならではの、映画的演出も話題を呼んでいた。

 発売から約4ヶ月後、2020年3月に累計販売本数500万本を記録。2021年9月にはミッションやミニゲームなどが追加された、PS5版『DEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT』がリリースされた。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES