スクウェア・エニックスの元従業員らがインサイダー取引容疑で逮捕 声明も発表

 スクウェア・エニックスは11月17日、同社の元従業員とその知人がインサイダー取引による金融商品取引法違反の疑いで逮捕されたとの報道を受け、声明を発表した。

 一部報道によると、容疑者の元従業員とその知人は、新作モバイルゲームの開発を巡り、スクウェア・エニックスとAimingが提携するとの情報が公表される前にAimingの株式およそ4,700万円分を買い付けた疑いが持たれているという。

 元従業員は、2019年11月頃にAimingとスクウェア・エニックスとの業務提携を決定したという重要事実を把握後、2019年12月上旬~2020年2月上旬にかけて、株式を買い付けた疑いがある。Aimingとスクウェア・エニックスの共同開発では、2020年7月にリリースした『ドラゴンクエストタクト』に関わるものと見られる。

 『ドラゴンクエストタクト』は2020年2月5日に発表。同年7月にリリース後は、App Storeの無料ダウンロード及びセールスランキングで1位を獲得し、大ヒットを記録した。Aimingの当時の株価は、発表前日で終値約300円だったが、発表後の2月中旬には600円台まで上昇した。さらにサービス開始後の7月には一時1,000円を超えることもあった。

 スクウェア・エニックスの声明によれば現在、東京地検特捜部による捜査が進行しており、同社は真相解明に向けて捜査に全面協力しているとのこと。あわせて関係者に謝罪すると共に、インサイダー取引の未然防止に向けた社内規程のさらなる厳格化に努めるとしている。

弊社はこれまで、機密情報の管理体制を整備するとともに、弊社の株式を売買する場合の事前届出義務や、未公開重要情報の公表を控えたタイミングでの弊社及び取引先上場会社の株式売買の禁止など、インサイダー取引の未然防止にむけて制度を厳格に定めるとともに、社内の研修等を通して周知徹底に努めてまいりましたが、今回の事態を厳粛に受け止め、今後は、社内規程をさらに厳格化するとともに、社内教育を、より一層徹底させ、全社を挙げて再発防止に取り組んでまいります。

  スクエニ―当社の元社員によるインサイダー取引容疑に関する報道について―より

【関連記事】
『ドラゴンクエストタクト』を巡るインサイダー取引事件、新たにゲームクリエイターの中裕司容疑者が逮捕されたと報道

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES