Papergames、最新作『インフィニティニキ』の制作を発表 着せ替えゲームIPがオープンワールドに挑戦

 

 中国・Papergamesは11月30日、「ニキ」シリーズ最新作となる『インフィニティニキ』の制作を発表した。PlayStation(機種不明)/PC/iOS/Android向けのマルチプラットフォームで展開する。リリース時期は未定。

 

 「ニキ」シリーズは、主人公である少女・ニキがプレイヤーの助けを借りながら、コーデの力を駆使して困難を乗り越える着せ替えゲームシリーズ。ファンタジーと融合した世界観が特徴であり、華やかな見た目ながら、「戦争」や「文明の消滅」など、重い題材を扱ったシリアスな物語展開なども持ち味としている。

 過去作である『ミラクルニキ』と『シャイニングニキ』は、全世界で累計DL数が1億を突破しており、着せ替えゲームのIPとして成功したフランチャイズのひとつ。

 『インフィニティニキ』では過去作と同じくマーベル大陸を舞台とし、ニキの衣装をコーディネートするおなじみの着せ替え要素があることに加え、雄大な自然の中を自由に探索できるオープンワールドのプレイ体験が融合。これにより、プレイ体験は過去作と大きく異なる物になると見られる。

 
 

 また、モバイル向けにリリースしていた過去作とは異なり、マルチプラットフォーム展開とオープンワールド化によって、横画面でプレイするスタイルに変化している。

 ゲーム内ではコーディネートによって得られるさまざまな能力によって、フィールドを飛び回り、釣りや虫取りなど多彩なアクティビティを体験できるという。

 なおPapergamesの日本支社ニキ株式会社はリリースの中で、「オープンワールドと着せ替えが融合した、『無限』の楽しさをぜひ体験してください」とコメント。タイトル通り無限の可能性を追求した、挑戦的な作品となるようだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES