Steam Deck、12月17日から日本、香港、韓国、台湾で出荷開始 専用の「ドッキングステーション」も予約受付中

 

 Komodoは11月30日、同社がアジア地域での販売を行うValveの「Steam Deck」にいついて、日本、香港、韓国、台湾での出荷を12月17日に開始することを発表した。

 Steam Deckは、AAAタイトルも動作可能なスペックを備えたポータブルゲーミングPC。日本における本体価格は59,800円(税込)となっている。

 

 あわせて、予約サイトではSteam Deck専用「ドッキングステーション」の予約受付を開始。ドッキングステーションは、Steam Deckを立てるスタンドとしての活用や、モニターやテレビへの出力が可能な周辺機器。価格は14,800円(税込)。

 

 ドックの背面にはUSB-A 3.1Gen1ポートを3つ備え、アーケードスティックなどの周辺機器も接続可能。外部ディスプレイに関してはDisplayPort 1.4出力、HDMI 2.0出力で最大4k 60hz、または1440p 120hzに対応している。

 
 

 12月以前にSteam Deckを予約したユーザーは、12月1日から注文の確定を行うメールが配信され、初回発送が17日から順次開始される予定。17日以降の注文確定分については、数日から2週間で発送が行われるとしている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES