カンフーアクションゲーム『Sifu』が実写映画化 「ソニック・ザ・ムービー」プロデューサーの新設スタジオと提携

 

 仏ゲーム開発会社Sloclapのカンフーアクションゲーム『師父―Sifu―』(Sifu)について、ロサンゼルスのスタジオStory Kitchenと提携した実写映画化の制作決定を明らかにした。映画などエンタメニュースを中心に扱う海外メディアDeadlineが12月3日に報じている。

 映画の公開時期や監督、キャストといった詳細は不明。

 

 Story Kitchenは、映画「ソニック・ザ・ムービー」などのプロデューサーを務めたDmitri M. Johnson氏が今年10月に新設したスタジオ。同氏に加え、スタジオの共同創設者であり、「ジョン・ウィック」などで知られるDerek Kolstad氏が脚本、およびプロデュースを務める。

 また、さらなるプロデュース陣にはMike Goldberg氏、Dan Jevons氏、Timothy I. Stevenson氏、Jeff Ludwig氏が名を連ねている。

 『Sifu』は、高難度かつ本格的なカンフーアクションが持ち味のタイトル。倒れると加齢して蘇るユニークなシステムや、カンフー映画へのリスペクトが詰まった演出が世界的に評価され、発売から3週間で販売本数100万本を突破するヒットを記録した(関連記事)。

 

 参考までに、Sloclapは過去、同作の発売に先駆けて実写の短編映画をYoutube上で公開。カンフー映画をルーツとした作品だけに、実写映画との親和性が高いと言える。

▲Sloclapが「シャン・チー/テン・リングスの伝説」や「ウィッチャー」などに携わったChristopher Clark Cowan氏と協力して制作した『Sifu』の短編映画。

 そして、映画をプロデュースするDmitri M. Johnson氏はゲームIPをテレビや映画に適応させることを専門とする制作会社dj2 Entertainmentを設立し、ゲーム原作映画史上最大のヒットを記録した「ソニック・ザ・ムービー」などでプロデューサーを務めている人物。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES