「PlayStation Partner Awards 2022 Japan Asia」のGRAND AWARDは『原神』『ELDEN RING』が受賞

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は12月2日、「PlayStation® Partner Awards 2022 Japan Asia」(以下「PlayStation Partner Awards」)を、東京国際フォーラムで開催した。

 「PlayStation Partner Awards」は、日本およびアジア地域において、この1年でヒットしたPlayStationフォーマットタイトルの発表および表彰を行なうイベント。1994年のPlayStation誕生の翌年から、クリエイターの創作活動に敬意を表し、バラエティ豊かなヒットタイトルを称えることを目的に「PlayStation Awards」として始まり、今年で通算28回目の開催となる。

 今回は「PlayStation Awards 2019」以来、リアル会場では3年ぶりの開催となった。

 そして、日本・アジア地域で開発され、2021年10月から2022年9月の全世界売上における上位2作品に贈られる「GRAND AWARD」に、HoYoverseの『原神』、フロム・ソフトウェアの『ELDEN RING』が選ばれた。

 なお全世界売上は、パッケージ版の売上、およびPS Storeにおけるデジタル売上(追加コンテンツ、ゲーム内通貨を含む)を基準に算出されている。

 『原神』は、モバイルだけでもリリースから2年間で累計売上高 37 億ドル(約5,355億円)を記録し、世界で3番目に高い収益をあげているタイトル(Sensor Tower調べ)。「GRAND AWARD」に選出されていることから、PlayStationフォーマットにおいても相応の売上を記録しているものと見られる。

【関連記事】
『原神』、リリースから2年間で累計売上高 37 億ドル(約5,355億円)を記録 22年第2四半期の売上高は前年同期比28%増に

 『ELDEN RING』は9月末までにワールドワイドで累計販売本数1750万本を記録し(関連記事)、世界的大ヒット作となった。12月7日からはPvPの新コンテンツ「闘技場」を無料で追加するなど新たな展開も見せている。

【関連記事】
大ヒットRPG『ELDEN RING』にPvPコンテンツ「闘技場」が本日12月7日に配信

 また、全世界売上で上位の作品から、注目すべき成果を残した作品を称える「PARTNER AWARD」で、『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』『遊戯王 マスターデュエル』『ファイナルファンタジーXIV』『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』『バイオハザード ヴィレッジ』の5作品が受賞。

 『遊戯王 マスターデュエル』は全世界で5,000万DL(PC、モバイルなど全フォーマットの累計)を突破。『ファイナルファンタジーXIV』は全世界プレイヤー数が2700万人を突破するなど、それぞれ大きな成果が報告されている。

 このほか、ユーザー投票によって選ばれた「USERS’ CHOICE AWARD」では『ELDEN RING』『地球防衛軍6』『Stray』『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』『Ghostwire: Tokyo』が受賞。

 海外スタジオで開発され、日本・アジア地域で売上最上位の作品に贈られる「SPECIAL AWARD」には『エーペックスレジェンズ』、『グランツーリスモ7』(SIEワールドワイド・スタジオと共同開発)が選ばれている。

HoYoverse プレジデント Jim Yang 氏 コメント

このたび『原神』が今年の「PlayStation Partner Awards 2022 Japan Asia」において、GRAND AWARDを受賞いたしました。この賞に再び選ばれましたこと、大変光栄に思っております。

PlayStation®は、オープンワールドアクションRPGのコンテンツをより豊かにし、また没入感をさらに高める点において、私たちの理想的なプラットフォームです。そして、頼もしいパートナーでもあります。2022年、私たちは七つある国のうちの四つ目──スメールを実装し、さらに数多くの高品質な特性や機能、言語サポートをゲームに追加いたしました。

今後も世界中のプレイヤーたちに喜んでいただけるように、またより大勢の新規プレイヤーたちが『原神』の世界に入っていただけるよう努めてまいります。このたびの結果が得られたのは、チームメンバー、ゲーマーコミュニティ、そして信頼できる仲間である皆様のおかげです。関わってくださったすべての方々に心より感謝申し上げます。

株式会社フロム・ソフトウェア ディレクター 宮崎英高氏 コメント

このたびは、GRAND AWARD、USERS’ CHOICE AWARDという、素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。特に、USERS’ CHOICE AWARDは、ユーザーの皆様に投票していただいた結果ということで、われわれにとって、これ以上に嬉しいことはありません。これからも、もっと面白いゲームを作っていくつもりですので、ぜひご期待いただければ嬉しいです。本日は本当にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES