Apple、開発者向けにApp Storeの価格設定ツールをアップグレード 価格設定・外国為替レート変動の管理をより容易に

 

 Appleは12月6日、App Storeにおける価格設定ツールの機能強化を発表した。「App Storeの立ち上げ以来、最も包括的な価格設定機能のアップグレード」となるという。

 このアップグレードでは、App Storeを利用する開発者向けに、新たな価格体系を提供。これまで約200の価格帯(ティア)から選択してアプリやアプリ内課金の製品価格を決定していたところ、新たに700のプライスポイントが追加され、全900ほどの価格帯(最低50円から最高160万円まで)を選ぶことが可能となる。

 

 また、世界中でアプリケーションを配布している開発者向けに、国際市場全体で価格を管理するためのグローバル平準化ツールの機能も拡大。外国為替や税金が変動しても、自身が選んだ任意のストアで自国通貨との整合性を維持することが可能になる。さらに2023年より、自動価格調整の影響を受けない所在地価格を設定することもできるようになる。

 これにより、国や地域ごとの価格設定、外国為替レート変動の管理などがより柔軟に、かつ容易になるとのこと。新たな価格設定ツールの機能は12月6日から2023年にかけて順次提供開始される。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES