Xboxコンソールに脱炭素・電力削減のためのオプションが追加 ユーザーごとに最適化が可能

 

 マイクロソフトは1月11日、サステナビリティの取り組みとして、Xboxにおける環境負荷を低減するためのアップデートを発表した。Xboxユーザーが開発中の機能やゲームについてのフィードバックに参加できるXbox Insiders向けに、二酸化炭素排出量を削減するオプションを提供している。

 発表によると今回のアップデートにより、昨年Windows 11向けに対応した「Carbon Aware」の機能がXboxコンソールにも適用されるという。この機能は、最も再生可能エネルギーを使用できる時間に更新とダウンロードを実行するよう最適化することにより、二酸化炭素排出量を削減するというもの。

 また、省エネを支援するエネルギー設定として、Xboxコンソールの電源設定を最大20倍の電力削減が可能なシャットダウン機能に更新。シャットダウン中は夜間のアップデート受信や起動後のパフォーマンスに影響はないが、起動時間が遅くなり、通常の電源オフ中とは違いリモート機能が使用できなくなる。これらのシャットダウン機能は設定で細かく調整可能。

 上記に伴い、コンソールのアクティブな時間を設定する機能も追加。設定した時間帯は、Xboxが素早く起動し、リモートでも起動できるようになる。

 Xboxは、製品の設計、製造、流通、使用方法を見直すことで、2030年までにカーボンマイナス(CO2排出量よりも削減量が上回る状態)、ウォーターポジティブ(水の消費量よりも供給量が上回る状態)、ゼロウェイスト(ごみを最小限に留めてゼロにする)を目指す。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES