コロプラがゲーム業界初の「インフレサポート特別手当」を開始 物価上昇に伴う生活支援として毎月1万円を従業員に支給 

 コロプラは、世界的に続く物価高騰や円安の影響を受け、従業員が安心して生活し、働くための支援として「インフレサポート特別手当」の支給を開始したと発表した。従業員を対象に、2023年1月分の給与より一律月額1万円を支給するという。

 現在、世界的なエネルギー価格の高騰や円安などの影響により、食料品や光熱費などの物価高騰が急激に進んでいる。こうした物価高騰を背景に、従業員の生活支援としてインフレ手当の支給を行う企業が増加。そして、インフレの影響は無形のサービスを提供するエンタメ、ゲーム業界にも広がっている。

 コロプラでは、従業員の負担増を少しでも軽減したいという思いからゲーム業界で初の試みとして、年間12万円(月額1万円)となる「インフレサポート特別手当」の支給を決定した。今回の手当を通じて、従業員が安心して業務に集中できる環境を提供するという。

 また、コロプラの「インフレサポート特別手当」は、インフレ手当を支給した企業の月額平均(※帝国データバンク:インフレ手当に関する企業の実態アンケート)の約1.5倍の支給額となる。

■インフレサポート特別手当の概要
対象 :コロプラの正社員、アソシエイト、契約社員
支給額:一律月額1万円
期間 :2023年1月〜12月(12ヶ月間)

 

コロプラの取り組み

 コロプラでは、「インフラサポート特別手当」のほかにも、従業員が安心して働ける環境づくりに取り組んでいる。

■オンラインランチサポート
出社・在宅者のコミュニケーション不足解消を目的にオンラインで実施したランチ費用の一部を支給する制度を設けている。

■部活動制度
仕事の繋がりだけでなく、仕事以外のところでも幅広い交流ができるよう部活動を支援(部費を一部支給)している。運動系、文化系を合わせて、約30種類の部活動がある。

 

■無限バナナ
従業員の健康配慮と感染対策の両立を考え、オフィスに食べ放題のバナナコーナーを設置し、出社した従業員がいつでも自由にバナナを食べることができる福利厚生。

 

■Kuma SPA
従業員の健康に配慮し、ヘルスキーパー(国家資格を持つ企業内理療師)が常駐するマッサージルームを設けている。従業員であれば誰でも無料で就業時間内にマッサージを受けることができる。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES